やるなら副業じゃなく複業がおすすめ

やるなら副業じゃなく複業がおすすめ
ホタテバイトの船から見た朝焼け

「なみの~たにまにぃ~いのちの~はながぁ~・・・」

この歌知ってる人いますかね?こんにちは。サーです。

そんなあなたは昭和の匂いがします。私と同じ(笑)

そういえば、パラレルワークについてまだ書いてなかったな~と思い、書きました。

よろしければお付き合いください。

スポンサードリンク

Advertisement

①パラレルワークに対する私の解釈

パラレルワーク、今でもまだ解釈がまとまっていませんが、「複業」という字が私にはしっくりきます。

「副業」じゃないですよ。

副業は「本業」がまずあって、余剰時間でやるサブワーク。

このやり方でも、収入は増やすことができますが、これ、労働時間めっちゃ増えませんか?

自分がブラック事業者になっちゃいけません。

しかも本業潰れたら結局生活できない・・・。

やるなら複業」これです。

②私の複業体制

例えば自分の場合は、ガイド、雑貨店経営は基本です。

自分の労働時間をまず決めて、それを各仕事に割り振る。

これを週を2分割して運営しています。繁忙期はパートさん使って←外注。

そして、急な出費が必要な時、明らかに先行投資したい案件に出会った時。

バイトもします。

 

最初の写真は、ホタテ漁のバイトの時に取ったもの。

朝3時半出港、8時帰港。なかなかハードですが、額もよろしいので短期集中にはうってつけ。

「漁師のバイトなんて、相当つらいでしょ。よっぽどお金に困ってるんだね。」

直接ここまで言ってくる人はいませんが、同じようなニュアンスで言ってくる人はいます。

でも、現場は意外とそんなこともないんですよ。お金がなくて悲壮感漂わせて働いている人は見かけません。むしろ、目標があってそのためにがっつり稼ぐ、そんな意欲的な人が多い気がします。

世界中を旅しているスナフキンみたいな人とか、Bライフやってる人、自営業など、様々な人が集まっています。最終日には「これから日本一周しまーす。」といって自転車で出発する人も。

なかなかカオスで最高に面白い職場です。

 

ただし、寝不足で昼間は使い物にならないので、他の事業はお休み(笑)

このバイト、時期は5月末~6月初旬限定(漁師さんの繁忙期)。

この間は、ガイドの仕事も雑貨店のお客さんも少ないんですよね。

雑貨はオンラインもやってるし。店舗空いてなくてもお客様は購入可能。

どれもこれも「そこそこ」いけてるんで、一個つぶれても大丈夫。

逆に全部うまくいけばヤッホー!なわけです。

③あくまで自分の生活が中心です

自分はパフォーマンスを落とさないためには6時間以上の睡眠と幸せな食事が絶対条件なので、そこは譲れません

こんな感じでライフワークバランスをとっております。

まぁ、Twitterやブログも仕事だろ!と言われると相当ブラック事業主ですが(笑)

幸せならそれでよし。


生活・文化ランキング

仕事カテゴリの最新記事