火遊びの魅力 スウェディッシュトーチ

火遊びの魅力 スウェディッシュトーチ

燃えるスウェディッシュトーチ

冬の写真整理してたらこんなの出てきました。

丸太にチェーンソーで切り込みを入れて、真ん中に火をつけたら勝手に燃え続けるヤツ。

スウェーデントーチとかいったかな。

スポンサーリンク

Advertisement

生木でも燃えるのが木こりのコンロの由来

今年の冬にやってみたら、たいして乾燥していない木でも燃える。

そう、これが「木こりのコンロ」といわれる理由なんです。

山の中を移動しながら仕事をする木こりさん。丸太をかついで歩き回るなんてまさに体力の無駄遣い。

そこにある木を切ってすぐに燃やせる。スウェディッシュトーチの良さはこれなんです。

いちど火が付けば、火で生まれた上昇気流によって、切り込みから空気が流入→さらに燃える。

ざっくりいうとそんなシステムで、生木でも燃えることから北欧では「木こりのコンロ」と言われてるらしい。

これ、面白いですね。写真の通り火が真ん中に集まるので、やかんやスキレットで料理ができます。

串に刺したマシュマロやソーセージは、普通に食べるよりも何倍もおいしいです。家族や恋人同士、いや一人でもビールやウィスキーを楽しみながら・・・大人のキャンプという感じがたまりません。

割れ目の中で燃焼が進むので、むやみに炎が広がらないし。下に熱は伝わりにくいので地面も焦げない。いいことずくめのスウェディッシュトーチ。

お子さまがいても楽しめます。(もちろん目を離してはいけません。絶対。)

 

暖房として使え・・・ないです。

いいことづくめのスウェディッシュトーチですが、ひとつだけ問題が・・・。

全然あったかくネェー!!!(笑)

名前の通りトーチ(たいまつ)なので、明るいしコンロにはなるけど、ストーブにはなりません。

遠赤外線は丸太の切れ目の中で燃焼ガスの発生と燃焼に使われているようです。

暖をとるならやっぱり焚火か炭ですね。

 

キャンプで目立ちたい、インスタ映えしたい、には最適

とにかく見た目のインパクト、おしゃれさ、インスタ映えなどはほぼパーフェクトのスウェディッシュトーチ。暖房には使えなくても、やってみる価値は十分です。

キャンプの朝、トーチの上で、スキレットでパンを温めながら、目玉焼きをつくる。

考えただけでワクワクします。

大人になっても火遊びは楽しいですね。

安全管理と煙の行き先、近所への心配りは万全に。そこは大人なので。

チェーンソーと丸太ないけどやってみたい方は・・・

 

スポンサードリンク
売ってんのね。いい時代です。
※スウェーデントーチ、簡単な着火方法
①丸太の切り込みの中央部分にティッシュを詰める。(着火剤も可)
②ティッシュに灯油など、燃えやすい液体をしみこませる。(ガソリンは危険なのでダメです。)
③火をつける。
これだけです。簡単です。ガスバーナーがあればもっと早く着火できます。
※スウェーデントーチ、消火方法
・水を掛けた後、さらに水中に沈めます。炭化した丸太の火は簡単には消えません。バケツなどに水を張り、完全に沈めてください。
・日に当てて乾かせば再利用できます。形が崩れるほど燃え尽きたら普通の薪としてご利用ください。
スウェーデントーチ(丸太トーチ)は、着火よりも消火の方が大事です。
寝静まった後に再発火などしたら大変です。手で触って熱くないか確認するぐらい慎重にしたいものですね。
また、終わった後の処理もしっかりと。
大人の遊び、最後までスマートに楽しみましょう。
みなさんたのしいキャンプを!

生活・文化ランキング

田舎暮らしカテゴリの最新記事