フリーランスとは これから仕事を選ぶ子どもたちへ

フリーランスとは これから仕事を選ぶ子どもたちへ
フリーランス説明会のプロジェクター画像

こんにちは。サーです。

先日、専門技術を学ぶ高校生に講義をしました。

講義といっても、そんな偉そうな内容じゃないんですけどね。

備忘録のための記事です。今思うと恥ずかしいw

あなたもよろしければ読んでみて、自分の生活と照らし合わせてみてください。

スポンサードリンク

Advertisement

①仕事って何?

あなたは仕事って何だと思いますか?生活のためにお金を稼ぐ手段?そうですよね。

じゃあ、生活って何でしょう?

・衣食住

・趣味

・休暇

そうですね。他にもいろいろあるかもしれません。この生活を充実させるために、あなたは毎日頑張って働いているのだと思います。

寝る間も惜しんで・・・あれ?おかしくないですか?

自分の生活を削って働いている方、結構いますよね。でも、それって、生活のために仕事をしているというより、仕事のために生活してるっていうことになりませんか?

仕事(お金)は生活のためにしている。これが最低限のラインだと思ってください。ライフワークバランスなんて言われているのは、この考え方です。

ライフワークバランスと聞くと、わがままに自分のペースで仕事をする。というイメージがありませんか?でも、生活のために仕事をしているなら、自分の生活が優先のはずです。自分の生活を大事に生きると、自然と楽しい人生となるのではないでしょうか?

②これから消える仕事

時代の移り変わりにあわせて、誕生する仕事、消えていく仕事がある、ということに気づいてください。例えば、皆さんの近くにも必ずある銀行。行くと笑顔で迎えてくれる窓口のお姉さん。

あれ、これからの時代本当に必要でしょうか?

わたしは個人事業主ですので、事業用、個人用とたくさんのの銀行口座を持っていますが、そのほとんどをネットバンクにしています。理由は、コンビニATMでの手数料が無料なのと、ネット取引手数料が安いからです。銀行窓口に行く理由って何でしょう?ローンなどの融資くらいでしょうか?もう融資もネットで手続きができる時代です。

同時にキャッシュレス化も進んでいますので、いずれ紙幣や硬貨すら使わない時代が来るのではないでしょうか?そうなると銀行のあり方も変わりそうです。

逆に、人間にしかできない仕事は生き残る可能性が出てきます。芸術系などはそうでしょうね。あの人の作品が欲しい、あの人のデザインのものが欲しい、というものは、機械やAIではできません。(もしかしたらAIデザイナーが出てくるかもしれませんが。)

また、ブロガーやユーチューバーは現在は「キワモノ」扱いですが、あれも、実は人でなければできない仕事です。いわゆる「ファン」が付いてくる人間は強いのです。自分をブランド化する実践を、彼らはやっています。だから、ユーチューバーを目指す、というのは立派な職業選択の一つです。成れるかどうかは別問題です。

プロのスポーツ選手などもそうですね。スポーツの実力はもちろん、個性も魅力だから「応援したい」となるわけです。時速170kmの剛速球を投げる機械が選手として登録されても、誰も見たいとは思いませんよね?

③収入源もリスクヘッジしよう

そうやっていろいろと考えてみると、「安定した職業」という言葉自体が、いかに「不安定」かということが分かったかと思います。

ですから、収入源を複数持っておく、というのが重要になってくるんですね。会社員だけどユーチューバー、医者だけどFXトレーダー、プロ野球選手だけど飲食店経営者、2つに限らず、3つ、4つと収入源を持つ時代が来ています。

だって、あなたのその業種、なくなったらどうするの?

サーでした。

 


生活・文化ランキング

仕事カテゴリの最新記事