キャンプでおすすめ、アウトドアコーヒー

キャンプでおすすめ、アウトドアコーヒー
アウトドアで使うコーヒー道具

こんにちは。サーです。

はい。コーヒー好きです。ヤバいくらいの。

一日に5杯は飲みますね。インスタントやセ〇ンのコーヒーも入れたら。

そんな僕なので、コーヒーはあまりにも日常に溶け込み過ぎていて、

コーヒーを淹れる。飲む。だけでは非日常になれない。

ちょっと日常に煮詰まったな・・・そんな時にやるのがこれ。

アウトドアコーヒー(ヘタレ版)笑。

スポンサードリンク

Advertisement

①まずはお湯を沸かす

ガスバーナーでお湯を沸かし、アウトドア用マグに直接落とす。

そしてアウトドアでコーヒーを飲んだら・・・即撤収w。

と、流れはこんな感じです。

お湯を沸かす時に気を付けているのは、新しい水を使うということ、沸かしたらすぐ使うということ。

この二つのことに共通する理由は、コーヒーの粉を良く膨らませるため。もともと水には炭酸ガスが含まれています。このガスがコーヒー豆と触れると気化し、豆を膨らませます。

しかし、汲み置きの水や一度沸かした水は、この炭酸ガスが抜けてしまい、コーヒー豆を膨らませることができません。豆が膨らまないと、落とすのに時間がかかり、苦みの強いコーヒーになってしまいます。また雑味も出やすくなります。

ガスバーナーでお湯を沸かす

コールマンのガスバーナー。10年以上使ってるなぁ。

炎の出方が綺麗。火力の調節もしやすい。

②ドリッパーはHARIOがお気に入り

ていねいにコーヒーをドリップする

ドリッパーはHARIOがお気に入り。安いので買い替えも簡単です。

ハリオのドリッパーはろ紙が触れる部分に、らせん状の出っ張りがついています。

これにより、ろ紙がドリッパーにべったり張り付いて、落ちる速度が遅くなる(=雑味が増える)

こともなく、すっきりとした味わいになります。

僕は、アウトドアで飲むときは、コーヒー豆はシティーロースト、ダークローストなど、焙煎強めの豆をを細かめに引いたのが好みです。いわゆるサード系コーヒーはやっぱり都会が似合いますね。

↑完全に私的な感想。

まぁ、この辺はお好みで。一番のお気に入りを見つけてください。

それがあなたにとっての一番です。

ドリッパーにお湯を落とすときは、グラグラと煮詰まったお湯を直接やかんから落とすのはちょっと乱暴。ポットに移し替えると温度も落ち着いていい感じになります。

何より、ポットを使ってゆっくりとお湯を落とす行為そのものが非日常なんですよね。そこから生まれるコーヒーのいい香りもたまりません。

③ポットにもこだわろう

ランタンとマグカップのコーヒー

で、外に出て至福の一杯を飲む。もう最高ですね。

この時は夕方だったので、キャンドルランタンも。

炎の揺らぎって、何故にこうも癒されるのでしょう?

あなたも、ちょっと外に出てアウトドアコーヒーはいかがですか?

ベランダでも十分に楽しめますよ。


生活・文化ランキング

田舎暮らしカテゴリの最新記事