田舎暮らしを失敗しないために。スタートはライトな内容で

田舎暮らしを失敗しないために。スタートはライトな内容で

畑越しに斜里だけを望む

こんにちは。田舎暮らし、森暮らしをしておりますサーです。

さて、今回は、田舎暮らし、移住を希望されているあなたへ、田舎暮らしのはじめ方をお伝えします。この記事は、大金を使って、「永住するかもしれない」もしくは「永住する」方への情報提供です。前回「田舎暮らしの始め方 ~土地購入はちょっと待って~」では、移住の心構えのような内容でした。そちらもよろしければお読みください。

この記事は「身軽に行って飽きたら移動する。」という方や「地域おこし協力隊をはしごする。」方には参考になりません。そのような方は、わりと若い方や、未婚など身軽な方が多いと思います。どんどん自分のおもむくまま行動してください。素晴らしい人生経験になると思います。そういう生き方、私も大好きです。

田舎に永住希望の方は、ぜひ一度目を通してください。

スポンサードリンク

Advertisement
①まずはその場所に行ってみる。

あなたは、移住を考えながら、ネットで土地情報やその地域の情報を集めようとしていませんか?「沖縄は一年中あたたくていいなぁ。」とか、「北海道は夏涼しくていいなぁ。」とか。旅行計画を立てたり、何となく移住いいなぁ、くらいならそれも楽しいですよね。5年後、10年後に移住出来たら・・・そんな方は、ネットの情報をみて楽しむのもアリ。移住者のブログを見て自分の理想の田舎暮らしを妄想するのも楽しいです。

でも、本気で移住を考えているなら、その時間、無駄ですよ。

断言します。移住が成功するかしないかは、「土地との相性がすべて」です。なのでまずやるべきことは、その土地へ行ってみる。です。旅行でも、出張ついでに足を延ばす、でもなんでもいいです。その土地の雰囲気や匂い、人の様子が自分に合っているか?少なくとも居心地悪くないか?を感じてほしいです。

 

②短期滞在から長期滞在へ

旅行などで行ってみて、「自分に合っていそうだ」「雰囲気が素晴らしい」など、ポジティブなイメージがわいてきたら、いよいよその場所に滞在してみましょう。この時には、できれば宿泊施設ではなく、短期滞在できるアパートなどをつかって、「生活してみる」ということに重点を置いてみてください。もしくは、思い切って賃貸住宅やアパートを契約し「週末移住(週末だけその場所で生活する)」をするのもいいと思います。

ポイントは、「その場所が嫌になったらいつでも退去できる」ことです。

移住で失敗する方のほとんどが、いきなり土地や住宅を購入→土地や人と折り合い合わず→売ろうにも売れず(そもそも田舎はそういうところ)→一文無しで撤退。というパターンをたどります。私のまわりにもいました。この結果は、本当に誰も得をしません。やめましょう。

はやる気持ちはわかりますが、まずは「体験移住」から始めてください。どんどん好きになったら、その地域で仕事を探したり、地元行事に参加したりしてみましょう。そうやって少しずつ、自分の生活の重心を移住先に移していくのです。

また、家族がいる方は、家族とその場所の相性も考えてあげてください。通院が必要な家族がいる方、高校や大学に通っている家族がいる方、その人たちの生活、移住しても維持できますか?

 

③まわりから空き家情報、空き地情報が入るようになってからが本当の移住。

私は、こうなるまで3年ほど賃貸で生活していました。少しずつ地元の知り合いが増えてきた時、「土地を探している」ということをそれとなく話していました。すると、どこからともなく「〇〇が土地を売りたがってる。」「〇〇なら情報持ってる。」など、ネットや不動産業者ではない情報が次々と入ってくるようになりました。そうしているうちに。

・上水道が山の中を通っている。

・電気もネット環境も大丈夫。

・建築確認申請がいらない白地(家をセルフビルドしやすい)

・とはいえ隣家とは200m以上、完全な森の中に住める。

こんな理想的な場所が見つかったのです。その結果、地主さんと直接交渉することができ、良心的な価格で購入することができました。その地主さんとは今でも家族ぐるみの付き合いです。

結局、移住はなじんでからが本当の移住。焦らずゆっくりと進めなければいけませんね。

私が移住にあたって参考にした本を紹介しています。

移住者の私が読んだ田舎暮らしの本5冊

もよろしければご覧になってください。


生活・文化ランキング

田舎暮らしカテゴリの最新記事