「多動力」とは ~ホリエモンが推奨するスキルについて~

「多動力」とは ~ホリエモンが推奨するスキルについて~

流氷の上に寝転んで空をみあげる

こんにちは。サーです。

田舎暮らしネタが多いこのブログですが、今日は「多動力(たどうりょく)」について書こうと思います。

 

=多動力とは=

いくつもの異なることを同時にこなす力

幻冬舎「多動力」堀江貴文 著より

ということ。

同時に、この特徴を持つ人は「落ち着きがない」とも言われています。

え?あ、はい。まさに私のことです(笑)

小さいころから、習い事なども長続きせず、始めては辞め、始めては辞め・・・。

最初はもちろん興味も意欲もあって、「やりたい!」と思うのですが、習い事は定期的に通わなければいけないので、時間に縛られることが次第に苦痛になり、そのうち興味・意欲そのものが無くなっていく・・・。そんな経験、あなたにはありませんか?

・とにかく、決まった時間に決まったことをやるのが苦手。

・一つのことをやり続けるのが苦手。

「いやいや、やらなきゃいけないことはやらなきゃダメでしょ!」

もちろんわかっているんです。ですから公務員時代は、周りに迷惑をかけないように必死でした。

「とにかく締め切りを守らなきゃ。」

そう思ってせかされる毎日。

何とか締め切りは守りましたが、仕事のクオリティは低く、それがまた自分のストレスに。

 

ただ、そんな自分が、自分でも驚くくらいに集中力を見せるときがありました。

それが、興味+タイミング+時間が合った時。

ある日、外部からのクレームで、明日までに回答をまとめなければいけない案件が発生。相手方はお怒りモードで現場はパニック。自分にヘルプの依頼が入ってきました。

過去に同じ問題を処理した経験があり、それが生かせるチャンス!自分の力を試すことができる。ということでがぜんスイッチオン!自分の仕事よりこの案件を優先しても周りは許してくれるし。

寝る間も惜しんで解決策を考え、仲間と協力して無事に問題解決できました。

 

スイッチが入るとすごいんだけど(笑)

よく家族や仲の良い友達から言われる言葉。でも、本当に当たってる。

本当に普段はスイッチオフ(笑)自分でもあきれるくらい。

 

そんな私が、公務員をやめるきっかけになったのは、大好きだったアウトドア活動が、もしかしたら仕事にできるかも。と思ったから。

8年前、日本は世界遺産登録ブーム。私が住む北海道も知床が世界遺産に認定され、多くの観光客が押し寄せました。それに合わせて、ガイドのニーズが急激に高まり、北海道もガイド認定制度を発足。プロガイドが活躍できる素地が出来上がってきます。

ガイド認定試験の勉強を試しにしてみると、これが楽しい!もしかしたら人生で初めてかもというくらい、夢中になって取り組むことができ、気づけばガイド経験がないにも関わらず、認定ガイドとなることができました。

 

さて、これからプロガイドとしてやっていくぞ!と気合を入れて仕事をはじめますが、当然最初からお客さんが来るわけもなく。また、ハイシーズンとオフシーズンの集客の差がとても大きい職業だということがわかってきます。

これは、アルバイトでもしなきゃな、、、と考えましたが、せっかく管理社会から脱出してフリーランスになったのに、本当にこれでいいのかな?ほかに方法がないのか?そう考えて、仕事を自分で生み出そう、チャレンジしようと決意しました。

 

そこで、ガイドと同時並行でできる仕事として、雑貨販売業(通販含む)、インターネット収益、ネット講師を現在行っています。まだまだガイドの収入が中心ですが、いずれバランスよく収入が得られるようにやっていこうと考えています。

こういう話をすると、周りからは必ず「で、どれが本業?」と聞かれるんですよね。やっぱり。

私は「・・・さぁ?」としか答えられないです(笑)

だって、どれも本気なんで。

 

これからの時代、一つの仕事だけで生活するのは大変。特にフリーランスは、本業一つではそれを失ったとたんに無一文。リスクヘッジの観点からも複業は自然な流れだと思います。

会社勤めツラい、、、辞めてフリーランスになりたい。

もし、人間関係で悩んでいるなら「人間関係で悩むのは、時間も奪われてるんだよ。」を読んでみてください。

それでも会社を辞めたいという方は、つぎの二つのどちらかの覚悟や決意があったほうがいいでしょう。

・生活に必要な分だけ働いて、ミニマムな生活をする。自分の時間を重視する。

・自分で仕事を考え、生みだして、やりたいことをガンガンやって生きていく。

どちらか、これがやりたいから今の仕事を辞める。がいいかと思います。

どちらも、リスキーだということは覚えていてください。全責任を自分が取らないといけません。また、社会は企業や大組織に属しない個人を簡単に認めてはくれません。

でも、同時に、今までになかった自由が手に入りますよ。

自分の時間をマネジメントできる。私にとってこれこそが生きていく喜びにつながっています。一度しかない人生、自分のために時間を使いたいですね。

ホリエモンの本、まだ読んだことのない方はぜひ読んでみてくださいね。

 

楽しく生きるカテゴリの最新記事