薪ストーブのメリット・デメリット 住宅街での使用は無理!

薪ストーブのメリット・デメリット 住宅街での使用は無理!

炎が揺らぐ薪ストーブ

こんにちは。サーです。

今日は我が家でも大活躍の薪ストーブについて。このページにいらっしゃったあなたは、薪ストーブを購入しようとしているか、薪ストーブに興味がある方ですね。もしかしたら、家を新築予定で、どうせなら薪ストーブを導入して、冬は豊かな生活をしたい。体も芯から温まってポカポカ・・・。はい、妄想はそこまで!(笑)

 

薪ストーブは確かにその存在感、稼働時の幸福感、満足感はとても高いです。

ただし、燃焼している時だけ。

薪ストーブは道具です。道具ですから使われて初めて真価を発揮するわけで。準備や使用に問題があったり、メンテナンスができなければただの鉄の塊。住宅内の場所取り(しかも移動できない)となります。

 

今回は、薪ストーブのメリット・デメリットを自分が使っている経験からお話しします。導入前にぜひ読んでから検討してみてください。家族がいる方には、ぜひご家族と一緒にご覧になって、みんなで考えるようにしてくださいね。設置後にトラブル発生、後悔して、結局使われずに放置された薪ストーブ。それを見るたびに、家族みんなが嫌な気分に、なんてことが起こりませんように。

 

最初からデメリットを書くのはあまりにもかわいそうなので(笑)メリットから。

スポンサードリンク

Advertisement

メリット① 炎の揺らぎは最高の癒し

たぶん皆さんが思っている薪ストーブに対する良いイメージナンバー1!まさにその通りです。チェーンソーで木を倒し、乾燥させるために2年前から薪割りをして乾かしておいた薪を活かす瞬間。「あぁ、このために薪を作っていたんだなぁ」と感慨深いものです。

炎の揺らぎは時間を忘れて眺めていられます。テレビより飽きないぐらいです。

 

メリット②奥さんや家族にとってはコスパが良い(笑)

我が家がまさにそう。

「勝手に薪を集めてきて、薪割りや乾燥をして、冬は早朝から薪ストーブに火を入れてくれるから、起きたら暖かい。以前までの灯油ストーブと変わらないね。満足です。」妻談(笑)

燃料配達、燃料補給、点火、タイマー?!すべての機能はわたしが担っております。これができれば家族には特にデメリットがないかも。

時々焼き芋やピザをごちそうすることで、家族の満足度はさらに向上します。きっと。

 

メリット③ランニングコストが低い(条件付き)

このメリットは、「自分で木材を無料ゲットできる。」という条件付きです。灯油代、電気代はかかりません。それでも、薪の運搬・メンテナンスにお金はかかります。ゼロではありません。

 

 

さて、次に薪ストーブをぜひとも導入したい方は、なるべく目をつむりたい、見なかったことにしたいデメリットの紹介です。「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、、、逃げちゃダメだ。」

デメリット①住宅街では、煙やにおいのトラブル不可避

はい、住宅街での導入は無理だと思ってください。薪ストーブが悪く言われてしまう原因のほとんどがこれにつきます。

最近の薪ストーブの製品紹介に「煙が少ない」「すすが出ない」などというセールスポイントがよく出ていますが、これは、メンテナンスのしやすさをアピールしたもの。煙突掃除が少なくて済みますよ、ということです。普通に木の燃える匂いはしますし、点火直後は煙も出ます。煙が隣のマンションのベランダに干した洗濯物の方に流れていったら・・・。洗濯物の燻製ができます。

一般住宅地での設置は「ダメ、絶対。

 

「じゃぁどこならできるのよ?」と思ったあなた。

例えば別荘地などは薪ストーブなどに寛容です。周りもたくさん導入しているでしょう。

住宅街では、東北以北、北海道あたりの都市部以外なら可能性ありです。北国では昔は薪ストーブが主流でしたから、近所の方の理解も得やすいかも。煙突付きの住宅がたくさんある地域なら、自然に溶け込めます。

ただし新興住宅地はダメでしょうね。また、アパートやマンションの近くではやめた方がいいです。そういう場所で煙突付きの家はとても目立ちます。薪ストーブは近所に隠れて設置は不可能です。

 

デメリット②薪を購入するとランニングコストが灯油以上に跳ね上がる。

斧とチェーンソー

薪は買うと高い。これだけは覚えておいてください。ホームセンターなどで一束400-500円で売られていますが、あの量なら1時間で燃えちゃいます。逆に最近の住宅用灯油ストーブ(ポータブルは除く)は1日中焚いても灯油使用料は5ℓ程度。灯油1ℓ100円としても、500円。

コンテナ単位、トン単位など、まとめ買いは多少安いですが、今度は輸送費がかかります。運ぶために軽トラとか買っちゃったら本末転倒です。

自分で無料で調達できる。という方も、運搬にかかるガソリン代や、薪割りのための道具代、薪割り作業そのものの作業時間を賃金として計算すると、タダではないということがお分かりいただけると思います。

もし、薪が無料で手に入らないなら、薪ストーブは趣味・レジャーだと割り切ってください。普段は灯油ストーブかオール電化の蓄熱暖房。週末や休みに薪ストーブ。そう割り切って使えば楽しいですよ。

 

デメリット③やけど、火災のリスク

小さいお子さんがいるかたは、やけどのリスクがあることも考えてください。燃焼中で炎がはっきり見えているうちは、放射熱もすごいため、簡単には近づけません。ですが、薪が燃え尽きてもしばらくはストーブ本体が高熱のままです。これは、なるべく長く部屋を暖かくするための機能ですが、この時は炎が見えないので危険です。燃焼中から触れる温度になるまで、お子さまから目を離さないようにするか、ストーブガードを付けて近づけられないようにしてください。

また、日本は地震のリスクも考えましょう。灯油ストーブはすべてに地震検知装置がついていて、揺れを検知すると自動的に消火します。それでも、消火直後のストーブに可燃物が倒れてくれば発火の可能性があります。

対して薪ストーブは、すぐに消火できません。どんなに激しい揺れでも自然消火はありえません。かなりの重量物なので、薪ストーブが倒れることはあまりないと思いますが、家具が倒れてきたり、壁や天井が崩れてこればどうなるか、想像できるとおもいます。

 

デメリット④初期投資が高額

灯油ストーブは、FF式(外部吸排気、部屋の空気を汚さない)、大型(15畳用とか)、床暖房機能付きでも20万~30万で導入できるでしょう。

たいして、薪ストーブは本体で20万~100万以上(大きさ、火力による)、煙突は工事も含めて50万以上!一般的な住宅なら、だいたいトータルで120万以上かかると思って下さい。いくらランニングコストが安くても、この価格差を埋めるには数十年必要です。

難しい話は今回は抜きにしますが、ホームセンターに売っている一万円程度の鉄板の薪ストーブ、鉄板のシングル煙突なら数万円で導入できるじゃん、とお考えの方。あれは住宅用ではありません。物置や屋外用だと思ってください。あれを毎日使ったら、ストーブは一年でボロボロ、煙突もすすがたまって3か月に一度掃除しないと詰まります。煙もすすも大量に発生するので部屋中煙たくなります。住宅用としては全く使いものになりません。

 

住宅に導入する薪ストーブは、鋳物か、もし鉄板でも厚いもので、2次燃焼システムがついているもの。そうすると価格は20万~となるはずです。

煙突は、断熱2重煙突一択。これは煙突が二重になっていて、間に断熱材が入っているもの。排気をスムーズにし、煙突を詰まりにくくしてメンテナンス回数を減らすほか、ストーブ本体の寿命も伸ばしてくれます。また、排気熱が煙突の外に伝わらないので、近くの壁や天井を高温にさらすことがなく、安全です。メートル単価数万円~。煙突自体がとても重いので、設置工事にも補強などが必要で工事費もかかります。

 

まとめ

どうでしたか?デメリットだけ見ると「あぁ、やっぱり無理か・・・。」となる方も多いと思います。確かにハードルは高いですし、デメリットをクリアできない方には導入をおすすめしません。

逆に、「周りに迷惑をかけない、薪ストーブを快適に使える土地を探そう」「新築予算にストーブ関係で100万は用意しよう」という考え方ができた方は、薪ストーブ導入をぜひ検討してみてください。信頼できるストーブ屋さん、工務店さんとよく相談し、楽しい薪ストーブライフをスタートさせましょう!


生活・文化ランキング

田舎暮らしカテゴリの最新記事