北海道の初夏の天気 蝦夷梅雨だから雨具を

北海道の初夏の天気 蝦夷梅雨だから雨具を

水たまりに広がる波紋

みなさんこんにちは。サーです。

さて、今日はこの時期(6月末~7月初旬)になると雨が多くなる、「蝦夷梅雨」について書こうと思います。

スポンサードリンク

Advertisement

①北海道には梅雨が無い!?

北海道は、基本的に梅雨が無いといわれています。これは、気象庁が「梅雨入り」「梅雨明け」リストに北海道を入れていないからです。実際は6月末から7月初旬に数日雨が降り続く「蝦夷梅雨」という気象現象は起こります。これは、本州が太平洋高気圧に覆われ、弱まって押し上げられた梅雨前線が北海道にかかるため。今までは、降っても大した降水量ではなく、むしろこれから乾燥が続く北海道には「潤いの雨」として歓迎されていました。

でも、ここ数年の蝦夷梅雨は、豪雨や突風を伴うものも出てきて、一概に「恵みの雨」とは言えなくなってきています。

 

②7月に台風が来る!

台風は、北海道では夏、お盆を過ぎてから気を付けるような存在でした。なぜなら、その時期までは北海道に上陸することはなく、はるか南の太平洋上で消滅することが多かったからです。ところが、最近は7月でも台風の影響を受けることが出てきました。

台風の進路予想図

2018年7月3日の台風7号の進路予想。

まだ遠いですし、勢力も衰える予想ですが、北海道方面に向かっています。今までにはこんなことはありませんでした。もちろん本州四国九州のかたはもっと大変でしょうが、北海道の人はこの時期の豪雨には慣れていないので、一層の警戒が必要です。

 

③この時期の大雨、北海道はなぜ危険なの?

この時期は、畑の作物はまだ十分に育っておらず。根も浅い状態。この時期に大雨が降ると、畑の表面が雨水で削られたり、降った雨が小川を作り、畑の土砂を作物ごと大量に河川に流してしまいます。土砂を含んだ水はパワーが増し、堤防にダメージを与えることがあります。

また、北海道は7月1日に山開きとなるところが多く、8月に比べて涼しいことから、全国からたくさんの登山客が登山に訪れます。1000mを超える山は、7月といえど気温は10度台になることも多く、そこに強風と豪雨が重なると、遭難の危険が急激に高まります。

また、山によっては山頂部に雪が残っているところも多く、それが雨によって雪崩を起こす危険もあります。厳冬期は表層雪崩といって、古い雪の上に積もった新しい雪が崩れる雪崩が多いのですが、この時期は全層雪崩といって、すべての雪が一気に崩れることがあります。場合によっては、下の土砂も巻き込み、ほとんど土砂崩れのような場合もあります。

北海道の山岳部はまだまだ携帯の電波が届かないところも多いので、登山の計画は相当慎重にたてなくてはいけません。身体は雨に濡れると急速に体温を奪われるので、低体温症の危険も。雨具はしっかりとしたものを用意してください。

 

④旅行中に豪雨に遭ってしまったら?

もし、あなたが北海道旅行中に急な豪雨に見舞われたらどうしたらよいでしょう?次の場面ごとに対応方法が変わります。

①ホテル滞在中

ホテルスタッフの指示にしたがってください。ホテルは川沿いや山奥に建っていることが多いので、むやみに外の様子を見に外出するのは危険です。

 

②レンタカー運転中

道路冠水に注意してください。普段は見渡す限り畑が広がる気持ちの良い場所は、冠水すると、道路と畑の境目がわからなくなり大変危険です。また、橋が流されていることもありますので、スピードは控えめに、前方をよく確認しながら運転しましょう。ワイパーを動かしても視界が悪いときは無理せず休息を。北海道では、隣町まで数十キロは何もない場所を走ることになるので、街から出ないというのも大事です。荒天時に町はずれで事故や災害に遭うと、それはイコール遭難を意味します。

 

③登山やトレッキング

開始前なら迷わず中止してください。山の天気予報はあてになりません。水濡れ+低温+強風はプロの登山家でも危険です。レジャーで実施できるレベルではありません。

 

⑤まとめ

とにかく、せっかく旅行できたのに事故や遭難しては元も子もありません。安全最優先で行動しましょう。そんな時はおいしい食べ物をねらって、「食い倒れツアー」にするのもいいですね。

では、楽しい北海道旅行を!


生活・文化ランキング

おすすめ北海道旅行カテゴリの最新記事