ボランティア活動は熱中症に注意 ~なぜ?から予防、対処まで

ボランティア活動は熱中症に注意 ~なぜ?から予防、対処まで

真夏の青空

こんにちは。サーです。

今日も暑くなりそうです。被災地で片付けなど、対応に追われている皆様、お疲れ様です。

北海道はまだ30度くらいですが、本州では40度近くまで気温が上昇する予報も出ています。くれぐれも熱中症にはお気を付けください。

今回は、少しでも皆さんの熱中症対策になればと思い、このブログを書いています。

必要なところだけ読んでいただいてもかまいませんが、これからボランティアに行かれる方、キャンプなどをする方はぜひ全部読んでみてください。

スポンサーリンク

Advertisement

①熱中症のメカニズム

簡単に言うと、人間が持っている体温調節機能を超える体温の上昇や、調節機能そのものが破壊されて、際限なく体温が上がり続ける状態。特に体の深部で体温上昇が起こると自分では制御不能なので、外部から強制的に体温を下げる必要がある状態を指します。

おそらくこの記事にたどり着いたあなたは、原理よりも対策が知りたいと思いますので、メカニズムについては簡単にします。詳しくは環境省「熱中症予防サイト」へ。

外気温が体温を上げる

 

②熱中症のサイン

熱中症のサインはいくつかありますが、現場である程度対処できるレベルから、医療機関で一刻も早く処置が必要な段階まであります。判断の参考にしてください。

一番の判断材料は、熱中症と思われる方が、きちんと「普通に」受け答えができるかどうか。息が荒く会話がとぎれとぎれ、反応が遅い、激しい苛立ちや落ち込みなど精神状態がおかしい場合は「普通」ではありません。医療機関の受診をおすすめします。

 

・軽症(休んで様子をみて判断。改善されなければ医療機関へ)

異常に汗が出る、身体の周りに熱がまとわりつく感覚(ほてり)、のどの渇き、めまい、立ちくらみ、倦怠感(だるい)、頭痛、筋肉のけいれんなど。

 

・重症(一刻を争う。観察は不要、すぐに医療機関へ)

立てない、呼びかけに反応できない、意識がない、吐き気・嘔吐、汗が出ない、他人が触ると明らかに体が熱い、自分で水が飲めないなど。

 

重症にあてはまるものが一つでもあれば、それは重症です。すぐに医療機関で受診しましょう。「重症項目は一つだけだから大丈夫」は、間違い。あなたは正常性バイアス(詳しくは避難の遅れ、判断ミス。誰もが陥る「正常性バイアス」とは?)によって判断力が落ちています。

受診の結果、何もなければ、それは「無駄足」ではなく「正しい対処ができた」ということを忘れないでください。

 

③熱中症の対処法

体温を放出する

・軽症の場合は、直ちに今行っていた作業、行動をやめ、日陰に移動してください。可能であれはエアコンの効く室内や車内に移動。ただし車内は車内温度が充分に冷えてから移動してください。

・水風呂に入る。もしくは水をかけつづける。

・衣服を緩めて体温の放出を助けます。皮膚を水で濡らしながら風を送ることで早く冷やすことができます。

首回り、わきの下、太ももの付け根は太い血管が走っているので、そこを冷やすことで効果的に体温を下げることができます。←これは古い方法であまり効果がないようです。詳しくはこちらから「熱中症.com

熱中症の人が嫌がることは避けましょう。(氷を直接押し付ける、バケツの水を掛ける、人前で過度に肌を露出させるなど)ストレスも症状を悪化させることがあります。

水分を補給しましょう。経口補水液が理想ですが、なければなんでもいいです。しつこいようですが、自分で飲めない場合は重症です。すぐに医療機関へ。

ペットボトルの経口補水液経口補水液、普段飲むと正直マズいですが、脱水気味で飲むとおいしいから不思議。

・常に観察者を一人付け、会話を続けながら回復を待ちましょう。途中で反応が鈍くなった、会話がかみ合わない、目がうつろなどの症状が出たらすぐに医療機関へ。

 

※回復しても、決して元の現場、作業、行動に復帰させてはいけません。最低でも一日はゆっくり身体を休め、様子を見る必要があります。(過去に症状が回復し、冷却をやめたとたんにまた再発した事例もあります。)

※現場のリーダーは、熱中症の原因を究明し、原因を排除できない場合はそれ以上の活動を中止しましょう。第二、第三の患者を出すことは愚かで責任問題です。

 

④熱中症予防

熱中症予防には、そもそも熱中症になりにくい身体づくりが必要です。夏季にボランティアに参加する人は、「体力のある健康な人」が絶対条件です。そのうえで下のような対策ができるといいですね。

 

・体調を整える。(規則的な睡眠、食事、水分補給)

・時間を決めて全員で休憩をとる(ぜひルール作りを、20分活動・10分休憩など)

・休憩場所を決めておく(必ず日陰の用意を、がれきのシーツや毛布でも簡易タープはできます)

・のどが渇く前に水分を補給する。(一気飲みは×、少しずつ回数で稼ぐ)

※7/23追記やたらとスポーツドリンクやら経口補水液やらが売れているようですが、どちらも飲み過ぎると糖分・塩分ともに過多となります。よほど激しい運動・活動ではない限り、普通の水で大丈夫ですよ。

・皮膚を清潔に保つ(時々汗や汚れを洗い流す。皮脂や汚れは保湿クリームと一緒、汗の蒸発を妨害します。)


・着るものの素材に気を付ける。(綿100%は汗を良く吸収するが乾きが遅い、重くなる。化繊は乾きが早い)

衣服の化学繊維の素材タグ

アウトドアメーカーの夏用機能衣類はほぼ化繊。ユニクロなどのクール系素材もOK。


・積極的に放熱を促す。(例えば濡らしたハンカチを首に巻くなど。タオルは厚すぎて逆効果の場合も)

ヒゲ面で露出すんません・・・。

水だけで効率的に放熱できるのはいいですね。

 

スポンサーリンク



まとめ

酷暑の中で、無理に活動を続けることが熱中症を引き起こす原因になっています。決して無理をせず、ボランティアが病院搬送という事態は避けましょう。いたずらに被災地の医療ベッドを埋めてはいけません。

↑あくまで心がけです。

それでも、気を付けていても「想定外」は起こります。発症してしまったら。その時は早めの判断で迷わず医療機関の受診を。

熱中症チェックシート(PDFファイル)」作ってみました。

熱中症チェックシート見開き熱中症チェックシート二つ折り熱中症チェックシート4つ折り

四つ折りにできます。ポケットやリュックに入れておいてください。該当項目にチェックを入れることで、熱中症の症状を把握できます。

万が一救急車要請を行う場合、あまりない経験なのでパニックになりがちですよね。あわせて救急車要請の手順も載せております。ボランティアで不特定多数が集まっている場合の、患者さんの情報が少ないバージョンです。身近な人が患者さんの場合は、持病や常用薬、その他詳しく救急隊にお伝えください。

未完成な部分もあるかと思いますが、もしよろしければご利用いただければと思います。救急隊など、プロの目線で改善点がありましたら是非ご意見をいただければと思います。

あわせて読みたい

災害復興ボランティア活動に参加するあなたへ

災害の備えはグッズだけじゃない ~ココロも備えよ

 

熱中症患者さんが一人でも少なくなりますように・・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サーでした。

よろしければポチっとお願いします。

生活・文化ランキング

災害・ボランティアカテゴリの最新記事