オシャレなキャンプにはオイルランタンがおすすめ

オシャレなキャンプにはオイルランタンがおすすめ

ランタンと揺らぐ炎

いやぁ、ランタンはやっぱLEDよりオイルがいいよね。

こんにちは、サーです。

いよいよキャンプシーズン到来です。熱中症には十分注意して楽しみましょうね。

で、キャンプといえばランタン。そうなのか?(笑)

北海道も今日は日中31度まで上がりました。

やっと夏らしくなったので、唐突に私のランタン自慢を始めます。暑さでおかしくなったわけじゃないヨ。

ドイツ製「フュアーハンドランタン」。こいつはいい!

 

スポンサーリンク

 

①やっぱランタンはオイルでしょ

夜、普段と違い、外で飲むコーヒーは最高です。お酒もいいですね。

そんな時に使う明かり、何を使いたいですか?

LEDは明るいし、安全だし、充電式なら経済的だし。

 

でもね、わたしは明かりにこだわりたい。ゆったりとした時間に必要なのは

「静けさ」と「優しい明かり」と「炎の揺らぎ」の三点セット

だと思いませんか?はい、完全に個人的見解ですよ。

あ、同意してくれますか?ありがとうございます。じゃぁもういいや(笑)。

いや、だめだな。キャンプサイトが癒しの炎で満たされるまでは。

 

LEDのように無機質な明かりではなく、ガスのように「シュー」という音もせず(あれはあれで好きなんですが)ただ静かに炎が揺らぐ・・・そんなオイルランタンがたまらなく好きなんです。

 

②着火すら儀式に。道具感ハンパない

ランタンに着火

ガラス製の風防を倒して芯の長さを調節し、火を灯す。

このなんとも言えない道具感。ちょっと煤けた感じがまたいい。スイッチ一つでパッと明るくなるより、この一連の作業が愛着につながります。

そこまでこだわるならチャッカマンじゃなくてマッチやジッポーだろ!←ガチ勢はここまでこだわる。

あとは静かに燃える炎を眺めながら楽しんでください。

あ、明るいときに置いておくだけでもかっこいいんですよ。大人キャンプセット的な感じで。

③シンプルで丈夫な造り、長時間点灯。

ガラスの風防は針金でしっかり守られているので、運ぶときに間違ってぶつけても簡単には割れません。ガラスにプリントされた「Made in Germany」も高品質の証しです。

また、燃料はランタン用オイル推奨ですが、わたしは普通の灯油を使ってます。一度給油すると、7時間までは連続点灯確認済みです。それ以上は消して寝ちゃうので未確認です(^_^;)

オイルは残ってるのでたぶんもっと行けるはず。

換気に注意は必要ですが、非常時にも使えますね。灯油なので入手も簡単です。

 

普段のお手入れも、ガラスが煤けてきたら拭くくらい。オイルを吸い上げる芯は4年で一度も交換していません。え、4年って言ったって、キャンプならたいした回数じゃないだろ?そうですね。

でも、我が家では日常的に使っています。キャンドル的な感じで。(夫婦で炎バカです)

だいたい週末の夜、子どもが寝た後は使っています。なので、一年あたり点灯2時間×週末2日×52週=208時間!4年だと832時間も使ってます!これにキャンプや外での焼肉なんかの使用を足すと1000時間はいくのではないでしょうか?なかなかの商品テストかと思います。もちろんノートラブルです。

ランニングコストは灯油代・・・わからないです。ごめんなさい。

一回給油で7時間は持つから(今カタログ見たら20時間だった。すごいな。)

・・・計算してみてくださいね。丸投げ(笑)

 

④注意してほしいこと

ただし、注意してほしいことがあります。それは3つ。

・それなりに熱を持つので、お子さんがいる方は注意。

触ってすぐに「ジュッ」となるほど熱くはありませんが、それでも熱を持ちます。炎だということを忘れないでくださいね。

 

・テント内では一酸化炭素中毒の危険があるので使用禁止!

これ、キャンパーさんの間では常識なのですが、テント内で火の使用は禁止です。一酸化炭素中毒は本当に怖い。あれ?おかしいな・・・の時にはもう手遅れです。絶対にやめましょう。

一酸化炭素中毒についてはこちらから「Wikipedia一酸化炭素中毒

キャンプ用品メーカーも禁止しています「イワタニ・プリムス

テント内ではいっさいの火を使わない。ダメ、絶対。

 

・明るさは控えめ

キャンドルよりは明るいですが、LEDやガスランタンに比べると明るさは弱いです。これだけでキャンプをしようとすると厳しいかも。どうせテント内では使えないので、あわせてLEDランタンをもっていると快適だと思います。

 

⑤この魅力でこの価格なら・・・

「どうせお高いんでしょう?」と思ったあなた、実はそれほどでもありません。通販みたい(笑)

テントやタープは何万円もするものが多く、キャンプはお金がかかりがち。

ドイツ製の輸入ランタン、と考えると意外と安いです。ネット相場でもだいたい5,000円~7,000円くらい。

カラーによって価格に違いがありますね。

でも、何年も使えると思えば、コスパはいいですよ。停電などの非常時にも使えますし。

 

⑥まとめ

ということで、どうでしたか?キャンプ場は周りにたくさんのキャンパーさんがいます。

ちょっと他とは違う道具を持つ、というのもいいですね。カラーバリエーションも豊富なので、自分のお好みのカラーを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

 

わたしの道具カテゴリの最新記事