子どものうちから英語力を付けよう。田舎こそ生きる英語力。

子どものうちから英語力を付けよう。田舎こそ生きる英語力。

こんにちは。サーです。

今日は、英会話力があるだけでアドバンテージハンパない!という話をしたいと思います。

といってもペラペラである必要はありません。簡単な会話とコミュ力で大丈夫。

そしてやっぱり子どものうちからやっておいた方が楽だよということも。子ども向け無料お試しアリの英語教材、オンライン英会話もご紹介するので、興味のある方はそちらもどうぞ。

スポンサーリンク








どこまで求めるか、で難易度が変わる英語力

あらかじめ言っておきますが、「外資系企業に就職して、英語主体で商談したい」「国際弁護士になりたい」「研究分野で海外向けに論文を書きたい」という人向けの記事ではありません。

もしそのような目標、夢があるのでしたら、やはりかなりの英語力(英検、TOEIC)が必要になりますし、専門の英語力が必要になります。

しかし、そこまでの英語力が無くても、生活や仕事に活かす機会はたくさんあります。ある程度英語でコミュニケーションができればOKなのです。

日常会話程度でできる仕事はゴロゴロある

あなたはバイトや就職の面接で「英語が少しですが話せます。」といったことがありますか?ほとんどの方は無いでしょう。ですが、これはすごくもったいない!

英語で商談をするような場面でない限り、外国人とのやり取りはカタコト英語で事足ります。なのに「I can’t speak English.」だけやたらと流暢に言える人、あなたの周りに多くないですか?

日本人は英語力よりも外国人とコミュニケーションを取ることに苦手意識を持っている人が多いです。ですから面接で「(あなたの代わりに)英語を話せます」というだけで、経営者としては採用したくなります。

 

コンビニ、ホテル、飲食店のバイトなど、外国人のお客さんが来る可能性のある職場は、「英語ができる」というだけで採用率がグッと上がりますよ。実際はカタコトだとしても、仕事しながら必要な会話を身につけていけばいいのです。

わからなければスマホの「翻訳アプリ」を使ってもいいし、身振り手振りでもいい。とにかくコミュニケーションを取ろうとすれば、外国人の方もいろいろな方法で伝えてくれます。

スポンサーリンク

Advertisement

田舎では「少し英語できます」で仕事が激増する

じゃぁお前はどうなんだ?というツッコミが聞こえてきそうなんでその辺の話を。

わたしの英会話スペック

・留学経験なし

・英検3級

・高校時代の英語力は平均以下

こんな感じです。ショボいでしょ(笑)。我ながらビビる英語力のなさ。

なのに、現在は複業である、北海道アウトドアガイドとして、バッチリ稼がせてもらってます。

この前も、写真のシンガポールからのお客様、一日ツアーでガイドさせていただきました。彼女たちの日本語力は「こんにちは」「ありがとう」「これは何ですか?」のみ。後はすべて英語。こっちはカタコトのインチキ英語。

でもね。めっちゃ楽しそうでしょ?

だって、彼女たちが求めているのはわたしの英語力ではなくて、わたしの知識や情報なんですから。北海道らしい景色の場所に連れていき、おいしいランチを案内し、安全を確保し、片言でも一生懸命ガイドする。

これだけで充分お金を稼げるんです。

分かれ際に「へたくそな英語でごめんね。」と言ったら、「全然、わたしたちだって別に母国語じゃないしw」って言ってくれたんです。つまりはそういうこと。英語が母国語の国なんて意外と少ないんですよね。

彼女たちとは今でもメールのやり取りをしますし(翻訳ソフトを使ってw)彼女の友達が北海道旅行をするときはわたしを紹介してくれました(ありがとう!)。

周りの観光関係にも、外国人をガイドするよ、ということを宣伝しておくんです。地元のホテル、観光案内所、旅行会社・・・。

「あいつは外国人でもガイドを引き受ける」と認知してもらえば、田舎ではもうほぼ一人勝ち。「困ったときはあいつに相談」となればしめたものです。

 

子どものうちから英語になじんでおこう

カタコトと言ったって、結構喋れるんじゃないの?とまだ疑っている方。はい、現在はそこそこしゃべれます。ガイド業務では、安全管理やお金のこと、スケジュールなど、きちっとお客様に伝えなければいけないことがあるので、その辺は英語の定型文を作って覚えました。

また、仕事で必要となれば、一度覚えた単語や文法は忘れなくなりますね。

あと、楽しいは正義です。ガイドの仕事は本当に楽しい。お客さんに喜んでもらえる、感動してもらえる、感謝してもらえる。国籍は関係ないです。英会話力も関係ない。

でも、実はわたし、けっこう人見知りなんです。でも「外国人でもお客様としてガイドしよう」と思ったのは、父の影響が大きいです。

父は、英会話ができる人です。一人でレンタカーを借りてアメリカ横断しちゃったくらい。昭和30年代にこれやっちゃうって普通にすごいな。そのせいか、家にはよく留学生が遊びに来ていました。

わたしも留学生と一緒に遊んだりする中で、「英語って片言でもなんとかなるな。」という感覚が身につきました。子どものうちから英語になじんでおけばそれほど怖くない。そう思います。

ですから、あなたにもしお子さんがいらっしゃるなら、「英語になじんでおく」というのがいいですね。単語や文法を覚えるよりもまず、楽しく覚えて英語になじむ、これ重要です。

今ではオンラインで指導や相談が受けられる子ども向け英会話がたくさんあります。無料体験でちょっと覗いてみるのもいいですね。お試しはこちらから↓

スポンサーリンク








学校・保育園カテゴリの最新記事