森のおっさんの子育て悩み相談⑦ 無料の電話相談をどんどん利用しよう

森のおっさんの子育て悩み相談⑦ 無料の電話相談をどんどん利用しよう

こんにちは。サーです。

子育て中のあなた、お疲れ様です。

いっしょにがんばりましょう。

さて、今日は子育てに悩んだ時に無料で相談できる電話相談をご紹介します。

子育てで悩んだ時、あなたは誰に相談しますか?パートナー?親?友達?

気軽な相談や愚痴などは、わりと身近な人に話すことですっきりできますよね。

 

でも、深刻な、もしくは深刻だと思っている悩みは、意外と相談する人がいないもの。

でもとにかく、独りで悩んじゃダメ、絶対。

そんなときは無料電話相談を使いましょう。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

まずは、お住いの市町村の子育て相談窓口、子育て支援センター

まずは、あなたのお住いの地域の子育て相談窓口を探してみましょう。

「お住いの地域 子育て相談」で検索すればたくさんの窓口がヒットします。

地域によって市役所内だったり、子育て支援センターだったり、委託を受けた保育園だったりといろいろです。

また、相談の仕方も電話だけでなく、施設に出向いての面談や、家庭訪問など。自分に合った方法で相談しましょう。

自分の地域の相談窓口のいいところは、とにかく身近に頼れる安心感です。また、乳幼児から高校生まで、子どもの年齢に応じて幅広く対応してくれます。

悩みの内容に応じて、子育て支援センターを紹介してくれたり、役所の関係部署に話をつないでくれたりします。また、相談員も地域にお住まいの方が多いので、地域性も踏まえながら相談に乗ってくれるというのも大きいですね。

相談時間や窓口、電話番号は各地域の子育て相談窓口へ。

 

日本保育協会「ママさん110番」

日本保育協会が運営する、子育てホットライン「ママさん110番」こちらは保育のプロが子育ての悩みを聴いてくれます。お子さんの対象は乳幼児まで。

体の成長のこと、言葉の発達のことから、お母さんお父さんの子育ての悩みまで幅広く対応してくれます。

相談自体は無料ですが、通話料がかかります。

相談時間:月曜~金曜、10:00~16:00

電話:03-3486-4416(通話料がかかります)

日本保育協会のHPはこちらから

 

森永乳業「エンゼル110番」

こちらは企業が運営している子育て相談窓口です。ミルクなど育児商品を販売する企業の社会貢献事業のようです。

こちらの対象は妊娠中から乳幼児まで。ホームページでは、よくある相談Q&Aや、パパ向け、祖父母向けの内容もあり、いろいろな立場の方に参考になるのがいいですね。

もちろん電話相談もやってます。全国から相談が集中するのでちょっとつながりにくい時があります。

また、受付時間が短いのと、一人当たり30分というのがちょっと残念。

相談時間:月曜~土曜(祝日・年末年始除く)10:00~14:00

電話:0800-5555-110(フリーダイヤル)・046-259-8951(通話料がかかります)

森永乳業「エンゼル110番」HPはこちらから

 

日本助産師会「子育て・女性健康センター」

こちらは子育てに限らず、妊娠、出産から不妊治療、思春期、更年期まで、女性の健康に関するすべての悩みに幅広く相談に乗ってくれる、心強い相談窓口です。

各都道府県に窓口があるのもいいですね。近くにあれば直接行って相談できるところもあります。メールでの相談OKのところも。

ただし、女性専用窓口だと思った方がいいでしょう。男性の方は他の相談窓口をご利用ください。

また、相談時間や電話番号などはバラバラなので、確認が必要です。

「子育て・女性健康センター」HPはこちらから

 

病気・ケガに関する相談窓口はこちらです。

今まで紹介した相談窓口は、あくまで育児に関するもの。

お子さんの病気やけがなどの相談は受け付けしてくれません。お近くの小児科の病院を受診しましょう。

もし、病院の閉まっている夜中などに、急な発熱や体調悪化で不安になったときは、厚生労働省の「子供医療でんわ相談」を利用しましょう。

電話番号もわかりやすい「#8000」です。

常駐する小児科医師や看護師が、対処方法や、救急の必要性などの相談にのってくれます。

「子ども医でんわ相談」HPはこちらから

 

自分に合わなかったら相談窓口を変えよう

よく、「相談に行ったら担当の方が上から目線で嫌な思いをした。」「悩みの内容をうまく伝えられなかった」などの理由から、相談をやめてしまう方がいます。

相談相手も人間です。あなたとの相性もあります。時には期待通りに解決でいないこともあると思います。

そんな時は、相談窓口を変えてみましょう。

今回の記事だけでも4回チャンスがあります。あなたにピッタリの相談相手が見つかるまで、いろんな窓口に相談してみてください。

わたしも実際に3か所ほど相談したことがありますが、それぞれ回答が違うこともあり、それが逆に勉強になりました。いろいろな意見や考え方を聞けるのもいいですよ。

その中から、自分にあったやり方、解決方法を選べばいいですね。

 

※ネット上にも子育てに関する情報はたくさんありますが、真偽の判断は難しいです。その点、電話や窓口相談は、専門家が対応してくれるのも大きなメリットです。

 

独りで悩まずみんなで考えよう!サーでした。

あわせて読みたい

森のおっさんの子育て悩み相談③子育てはイライラとの戦い

森のおっさんの子育て悩み相談②子育ては距離感が大事よ?

親子関係カテゴリの最新記事