これぞ鉄板!子どもにウケる童謡替え歌ベスト10

これぞ鉄板!子どもにウケる童謡替え歌ベスト10

大笑いする子ども

こんにちは。サーです。

あなたは子どもの頃、童謡の替え歌、歌いませんでしたか?

わたしはめっちゃ歌ってました。過激な歌詞のため、幼稚園や学校では替え歌禁止令が出たことも。

でも、禁止されると余計に楽しくなっちゃうんですよね。

今日は、そんな子どもにウケる童謡替え歌を10個ご用意しました。

親子で爆笑すればグッドコミュニケーション間違いなしです!

教えたくないのもあるけど。そのへんは選んでください。

スポンサーリンク

Advertisement

1.まぁ、勝手なんですけどね。「七つの子」

「か~ら~す~ なぜ鳴くの~ からすはや~ま~に~ か~わい~い な~な~つ~の こがあるか~ら~よ~」

なるべくリズム通りに歌詞を書きました。

昔、「8時だよ!全員集合」で志村けんさんが替え歌をつくって大流行りになりました。

それがこちら

か~ら~す~ なぜ鳴くの~ からすの勝手でしょ! カァ~カァ!

懐かしい!と思ったあなたはアラフォー、アラフィフですね(笑)

 

2.な、なにがヤバいのか?「ぞうさん」

「ぞーうさん ぞーうさん おーはながながいのね そーよ かあさんも なーがいのよー」

の替え歌。

ぞーうさん ぞーうさん おーはながヤバいよね そーよ かあさんも ヤーバいのよー

どんな風にヤバいのか、お子さんと盛り上がること間違いなし。

うちの子は「おはながヘビなんだよ」とか「おはなが100メートルだよ」とかいってました。

盛りあがりすぎて下ネタに暴走するのもアリですw「おはなが〇んちん」とかw

男の子の鉄板パターンですね。

グーグルさん怖いからここには表記できない(笑)

 

3.バリエーションゆたかな「もりのくまさん」

「あるーひ もりのーなーか くまさーんに であーった。」の歌詞。

この替え歌は2バージョン知ってます。

あるーひ もりのーなーか くまさーんに 食べられた!ギャー!!!

のショートバージョンと、

語尾につけたしバージョンの

あるー貧血 もりのーなー浣腸 くまさーんにんにく であーったけのこ はなさくもーりーのーみーち〇ぽこどっこいしょ! くまさんにーでーあーったけのこ

ヒドい、酷すぎる(笑)。あぁ、これも伏せ字が必要になっちゃった(笑)

 

4.ブラックの極み、「おひなさま」

「明かりをつけましょ ぼんぼりに おはなをあげましょしろいはな ごにんばやしの ふえたいこ きょうはたのしい ひなまつり」

の、替え歌です。

これも昔からありますが、かなり過激で道徳的にちょっと・・・なネタではあります。

まぁ替え歌ですからね。あまり目くじら立てずに聞き(読み?)流してくださいませ。

あかりをつけましょばくだんに どかんといっぱつはげあたま ごにんばやしもふっとんだ きょうはかなしい ひなまつり

ひなまつりでは祝ってもらえない男の子が卑屈になって考えそうな替え歌ですね。最後の「ひなまつり」を「おそうしき」に変える、さらにブラックな歌詞もあるようです。

これはあんまり子どもには教えたくないかも。っていうネタが一番子どもにウケます。

教えなくてもどこかから仕入れてくるんですよね。

 

5.替え歌?戦場にかける橋から「クワイ川マーチ」

これ、歌じゃないんでどうしようか迷いました。

いまは運動会でもそれほど使われなくなりましたね。

むかしはこの曲が流れるとかならず歌いました。

そう、

さる ごりら ちんぱんじー」って(笑)

 

6.アル中トトロ

「あるこう あるこう わたしはげんき あるくのだいすき どんどんいこう・・・」

これも鉄板ネタらしいです。自分が子どものときは無かったので、若いお母さんから聞きました。先日テレビで「となりのトトロ」がやっていて、うちの子もなにげにこの替え歌を知ってました。

アルコール アルコール わたしはビール アルコール大好き どんどん飲もう

不謹慎だったり下ネタ系は子どもたちの大好物。健全なジブリ映画は狙われやすいかもしれません。

でも、これ考えたのは大人のような気がしますね。嘉門達夫さん?

 

7.替え歌界に新風を巻き起こした「ぶんぶんぶん」

「ぶんぶんぶん はちがとぶ おいけのまわりに のばらがさいたよ ぶんぶんぶん はちがとぶ」

この替え歌が出てきた時には衝撃でしたね。「替え歌界の勢力図が変わるかも」とまで言われたとか言われてないとか。

そう、歌詞の間に「る」をひたすら入れて歌う替え歌。

言葉の意味の面白さではなく、最後まで歌いきれるかのチャレンジ要素がとても強く、みんな早口言葉のように歌っていました。

お父さんお母さん、見本を見せるのに練習が必要ですよ。

「ぶるんぶるんぶるん はるちるがるとるぶる おるいるけるのるまるわるりるにる のるばるらるがるさるいるたるよる ぶるんぶるんぶるん はるちるがるとるぶる」

タイピングしてるうちにゲシュタルト崩壊しそうです(笑)

あ、いま猛烈に口ずさみたくなりましたね?

 

8.世の中の厳しさを学ぶ「はとぽっぽ」

「ぽっぽっぽっ はとぽっぽ まめがほしいか そらやるぞ みんなでなかよくたべにこい」

むかしはよく公園なんかでハトにエサをあげていました。今ではほとんどがエサやり厳禁。

この替え歌がまさか現実になってしまうなんて・・・。鳩も想像していたでしょうか。

ぽっぽっぽっ はとぽっぽ まめがほしいか そらやらない 世の中そんなにあまくない

・・・あれ?どうしてだろう?目から何かが溢れてきてる・・・。

 

9.もはや健全に聞こえる?「アルプス一万尺」

「アルプスいちまんじゃく こやりのうえで アルペンおどりをさぁおどりましょう らんららんらん・・」

ここまで替え歌を並べてみると、アルプス一万尺はむしろ健全にすら思えてくるから不思議です。

いや、ぜんぜん健全じゃないな。結末を濁しているだけですね。

「いなかのじっちゃんばぁちゃん イモ食って屁こいて パンツが破けて 空を飛ぶ ヘイ!」

この後は原曲通りの「ランラ・・・」だったりおならの「プーププップ・・・」だったりと地域差?があるようです。

 

10.ゲスの極み「お正月」

「もういくつねると おしょうがつ おしょうがつには 凧あげて こまをまわしてあそびましょ はやくこいこい おしょうがつ」

これは最後まで記事にするか迷いましたよ。。。

だって、あまりにもヒドいので。

でも、小さいころめっちゃ歌ってました。これ。

げらげら笑いながら。だからしょうがないですね。

「もういくつねると おしょうがつ おしょうがつには 餅食って のどに詰まらせ 死んじゃった はやくこいこい 霊柩車」

・・・まさにゲスの極み(笑)これは教えたくない!

 

どうでしたか?知らない歌もありました?

歌詞は地域によって微妙に違ったりすることもあるようです。

過激な替え歌は子どもにとってまさに「蜜の味」。

たまには一緒に盛りあがるのも悪くないですね。

 

まぁ、中身が中身なので、教えたいものとそうでないものがあると思います。そのへんはえらんでくださいね。

サーでした。

まじめな子育て記事も書いてます!

森のおっさんの子育て悩み相談①なんで教員やめたの?

森のおっさんの子育て悩み相談②子育ては距離感が大事よ?

森のおっさんの子育て悩み相談③子育てはイライラとの戦い

森のおっさんの子育て悩み相談④学校連携、できることから始めよう

森のおっさんの子育て悩み相談⑤育児とアイコンタクト

森のおっさんの子育て悩み相談⑥寝かしつけの時間で愛情をさらにプラス

森のおっさんの子育て悩み相談⑦無料の電話相談をどんどん利用しよう

親子関係カテゴリの最新記事