やってみた!速度制限にかからないiPhoneのテザリング方法(Bluetooth接続)

やってみた!速度制限にかからないiPhoneのテザリング方法(Bluetooth接続)

こんにちは。サーです。

昨日、気が付いたらノートPCを購入していました。

人生何があるかわかりません(笑)

今日は、私が購入したDELL inspiron11の使い勝手と、テザリングの話です。

スポンサーリンク

Advertisement

ブログ記事作成&アップロードに必要なPCスペック

ハッキリ言います。windows10が動くなら何でもいい!無線LANが内蔵されていればなお良し。

これだけ。

マジか?と思ったあなた。これはブログのみで使用するPCと割り切った場合です。

だって、ブログ用PCに最低限必要な条件は、「ネットに繋がる」「文字の入力ができる」。

スマホの写真や画像はネット上に置いとけばいいので問題なし。一眼レフで撮った写真なんかはちょっと手間ですが、USBカードリーダーを使えばいいだけ。とってもシンプルな条件です。

中古なら1万円以下のもので十分。新品でも2万円台からありますよ。

 

DELL inspiron11のスペック、起動が早いのは正義!

特にガツガツ探していたわけではないのですが、知り合いの中古PC屋さんが、「スペック低すぎて売れないんだけど、いる?」と聞かれて即買いしたのが「DELL inspiron11」。価格1万円。

ガジェット好きなあなたのために、スペックを見てみましょう。興味ない方はパスで。

1.CPU:Intel Celeron N3050(2コア/2スレッド、1.6~2.16Ghz)

2.メモリ:2G

3.ストレージ:32G(eMMC)

4.OS:Windows7→windows10にアップグレード済み

5.ディスプレイ:11.6inch非光沢

6.無線LAN:あり

7.Bluetooth:あり

8.バッテリー駆動時間:10時間

9.重量:1.2㎏

10.新品時定価:34,800円

僕が特に魅力に感じたのは、重さ1.2㎏で11.6インチを非常にコンパクトなこと。それからバッテリー駆動時間。バッテリーは中古なので何とも言えませんが、5時間程度つけっぱなしにしても残り40%だったので心配なさそう。

つけっぱなしでも、一日中使えるってすごいですね。

前のオーナーさんは、このPCをドローンの設定管理に使っていたそうで、ドローン一台の時はよかったけど、複数台を接続して設定するにはスペック不足になってきたということで手放したようです。

Windowsも最新の10になってるし言うことなし。この手の激安PCはスペックが低いため、ウィンドウズアップデートなどにえらい時間がかかります。容量不足で失敗することも。その点、中古PC屋さんでクリーンインストールしなおして、最新windows10までアップデートしてくれているのはありがたいですね。

あと、予想外にうれしかったのが「静か」で「起動が早い」ということ。

HDDディスクや光学ディスク、冷却ファンなどのモーター部品がひとつもないので、とにかく静か。これなら図書館で作業しても問題ないですね。

あまりに静かなので、自分のタイピングの音が気になったくらいです。

それから、ストレージ(ソフト、OSなどを記録しておく場所)がハードディスクではなく、eMMC(フラッシュうメモリ)なので、起動がとても速いです。

PC起動PC起動済み

上の写真のように、スイッチを押してから、立ち上がるまでたったの10秒ちょっと。

自宅のデスクトップは、起動から使えるようになるまで2分~3分かかるのであまりの速さにびっくりしました。外出先でぱっと開けてすぐに使えるのはいいですね。

 

ネット以外の多用途には使える?使えない?

つかえません。はい、おしまい(笑)

なぜなら、あまりにも容量が少なく、ワードやエクセル、iTunesなどを入れてしまうと、まったく余裕がなくなり、ウィンドウズアップデートすらできなくなるからです。

テクニックとしては、マイクロSDカードの差込口があるので、マイクロSDカードを仮想ハードディスクとして使うこともできますが、操作や設定が難しく、一般的ではありません。

このPCの容量は32GB。Windows関係だけで半分以上の17GBを使っています。アップデート用に10G残したら、残り5G。写真や音楽も保存しちゃダメ、絶対。

処理速度もかなり遅いです。Google chromeでネットを見ると、4つぐらいまでなら同時に開いてもちょっと遅いかな?くらい。

でも、YouTubeの最高画質(HD以上)なんかは動画が途絶えたり、カクついたりします。標準で何とかみられるくらい。

ゲームなんかはまったく無理!というかその前にソフトのインストールする場所がない。

その結果、ブロガーの方には、「ブログに集中できる」という環境が出来上がります(笑)このメリット、意外と大きいかも。

ブログ用には全く問題なく、しかも長時間駆動。こんな素晴らしいPCが1万円で手に入るなんてラッキーでした。自分の感覚としては、しっかりとしたキーボードのついたタブレット、という感じです。

 

iPhoneのテザリング、高速だと速度制限にかかっちゃう

さて、にわかにカフェや図書館でブログ作成ができることになったのですが、ここで気になるのが「どうやってネットにつなぐか?」ですね。

現在、私はソフトバンク回線でiPhone7を使っています。契約は月間5G。

iPhone7は「テザリング」といって、PCがiPhone7経由でネットにつなげられる機能が備わっています。

しかし、これがくせ者。

高速通信状態(Wi-FiやUSB接続)でテザリングすると、あっという間に契約上限のデータ量に達してしまったり、短期間の大容量使用による「通信制限」にかかったりしてしまいます。

どちらの場合も、その後の通信スピードが激しく低下し、ネットを見ることすら難しくなるので、絶対に避けたいところ。なにかいい方法がないでしょうか?

 

あえて低速テザリング。Bluetooth接続のメリット

そこで、気が付いたのが、Bluetooth接続によるテザリング。

Bluetooth接続でテザリングし、ネットにつなぐと「遅い!」と昔から不評でしたが、これを逆手にとって、あえて「使えるギリギリの遅さ」のBluetooth接続を使うのです。

接続の仕方は、なかなか複雑ですので、それだけの記事を書きますね。

今回は、速さの比較をします。

まずはBluetooth接続から。

Bluetooth接続スピード

1.358Mbps。確かに遅い。でも、メールやウェブの閲覧なら使えるレベルです。

ブログも余裕でアップロードできました。全然問題なし。

 

次は、iPhone7とPCをWi-Fiでつないでみます。

Wi-Fiテザリングスピード

5.809Mbps。さっきより約5倍のスピード!このくらい出て入れば動画も普通に見られます。タイミング次第では最高10Mbps近く出ました。快適ですが、ガンガン契約容量を使ってしまう、、、速度規制まっしぐらです。

結論。ネット閲覧やブログ作成くらいなら、テザリングはBluetooth接続が正解。

速度制限が避けられます。

サーでした。

 

わたしの道具カテゴリの最新記事