ハロウィン終わったね、11月だね。ブログはじめてみませんか?

ハロウィン終わったね、11月だね。ブログはじめてみませんか?

ハロウィーン

どうも、クマにかじられた男、サーです。

これは2年前のハロウィーン、ちょうど飲み会とかぶったので、会場のクマのはく製にあわせて特殊メイクを施して飲み会に参加。

初対面の方もいるそこそこまじめな?飲み会の中で、

「いやー自然ガイドは大変ですわ!今も廊下でクマとバトルっちゃって。」

と会場に入ったら、まだ知り合いが誰も到着しておらず、知らない方々の前でスベり倒したのはわたしです。

それ以来、毎年同じ飲み会で「今日は無事だったかい?」と聞かれるループの中で生きてます。

さて、今日は「月も変わったし、今年も残り少ないし、これからどうする?」

というお話。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

今年の自分をふり返って「ブログ元年」

今年は自分にとって挑戦の年にしていました。

そんな中で始めたのが「ブログ」。

そう、これです。

今までは、TwitterやFacebookはやっていたんですよね。

でも、Twitterは文字数の制約があったり、Facebookはアルゴリズムの変更で内輪ばっかりのつながりになってきて閉塞感があったり。

そんな時に、ふと昔やっていたmixiを思い出し、

「そういえばブログってのがあったなぁ」

と思ったのがきっかけです。

 

どうせやるならがっつりやってみようと思い、「本格ブログはWordPressだ!」「やるならGoogleアドセンスでマネタイズだ!」というネット上の情報に振り回されてここまできました。

疲れたよ、ホント。おっさんにはインプット量が多すぎて。

「会社辞めろ」「大学辞めろ」「借金つくって・・・」「インフルエンサーに・・・」

だいぶ食当たりしたなぁ(笑)

 

有益情報からクソ情報、煽りまでカオスなネットの世界。

だから面白いんだけど。

そんな中でコツコツとまじめに有益な情報を出し続けている方にも出会い、そんな方々を見習いながらここまでやってきました。

わたしのブログの先生は

クロネさん⇒「クロネのブログ講座」

岸 和希さん⇒「きしろぐ|初心者ブロガーのためのブログ」

です。この二人は一切の煽り無しで、じつに堅実なブログ論、ブログのやり方を発信してくれています。

 

再現性の低い(実際には実行しにくい)「会社辞めろ」「大学辞めろ」「とにかくブログ書け」より、

再現性の高い「ブログ始めてみない?」「ブログで収入も一つの方法だよ?」の発信のほうがどれだけ有益だったことか。

詳しいブログの始め方は上のお二方に丸投げします(笑)。

わたしが書くよりもずっと詳しいし親切。尊敬しています。

年齢関係なし。すごい人はすごい。

6月に初めて、5か月。楽しくできています。まだまだ全然金額は少ないですが、ブログ広告からの収入も発生するようになってきました。

すごいね。ブログ。

自分の発信がお金になる時代が来たんだなぁと、肌で感じることができました。

 

わたしは、インフルエンサーになるつもりはありません。

なので「読んでくれたあなた」に「何か」が伝わればいいかな。

伝わるほどのことがなくても、ほっこりできたり、クスっと笑ってくれたら幸いです。

今日は「ブログで表現するのって面白いよ。」が伝われば。

 

始めるのに遅すぎはないです

ちょっと始めてみようかな?

と思ったあなた。

まずは無料でできるブログから始めてみませんか?

自分の暮らしをアウトプット。日記帳替わりでもぜんぜんOK。

結構暮らしが変わりますよ?

 

多分情報を集めていくと、「最初からワードプレスがいい」とかありますが、それは後の話です。本当に面白くなってきて、広告収入も真剣に考えるようになったら、難しいことにもチャレンジしてみてください。

「ちょっとやろうかな?」くらいでは、サーバーレンタル、ワードプレスはハードル高すぎです。

楽しめない。

まずは楽しむところから始めてみましょうよ。普段の仕事の息抜きだと思って。

 

まとめ

でね、いつ始めるの?

今でしょ。

えぇえぇ、わかってます。こんなセリフね。

そっとしておいてください(笑)

 

でもホント、このブログを読んで、ちょっとでも「やってみようかな?」と思ったら、いま始めてみてください。

いいんです。すぐに飽きて放置したって。

無料ブログなら金銭的ダメージゼロですから。

無料ブログはたくさんあります。「はてなブログ」「エキサイトブログ」「mixi」etc…

デザインや使い勝手などは、ご自分に合ったものを選んでOKです。

 

興味がわいたら、とりあえずやってみる。

自分にそういうクセをつけていくと、年齢にかかわらず楽しめることがいっぱいあることに気付くことができました。

なので、あなたにも。

やってみるとちょっと楽しい、そんなブログのお誘いでした。

 

サーでした。

したっけね~。

 

 

楽しく生きるカテゴリの最新記事