薪ストーブのデメリット、煙を徹底的に減らす。後悔しない無煙着火方法。

薪ストーブのデメリット、煙を徹底的に減らす。後悔しない無煙着火方法。

薪ストーブ

薪ストーブ。

揺らめく炎を見ながらゆったりとした時間を楽しむ。憧れますよね。

最近では災害時に電源いらずの暖房として、また灯油価格の高騰も関係なしの暖房として注目を集めています。

ただし、使い方を間違えると煙で近所に迷惑をかけますし、煤が煙突に詰まると火災の危険もあるのは事実です。

ですから、これから薪ストーブの導入を考えていらっしゃる方は、「薪ストーブのメリット・デメリット 住宅街での使用は無理!」をご一読いただき、慎重に検討してください。

条件をクリアして導入できる、もしくはもう導入している。そんな方に向けて今回は「煙をほとんど出さずに薪ストーブに着火する方法」をお伝えします。

スポンサーリンク

Advertisement

良く乾いた薪を用意しよう

まず大前提として、よく乾いた薪を用意しましょう。

最低でも、針葉樹(松や杉など)で1年、広葉樹(冬になると葉が落ちるもの)で2年は乾燥させたものを用意してください。

針葉樹は燃えやすいが火持ちが悪く、広葉樹は点火が大変だが火持ちが良いです。慣れないうちは針葉樹を使って着火し、温度が安定したら広葉樹で運転するというのがおすすめです。

何度もしつこいようですが、湿った薪、生の薪はいいことが何もありません。ストーブの寿命を縮め、煙突を詰まらせ、煙で近所に大迷惑。絶対に使わないでください。

カラマツの薪

わが家はカラマツの林の中に住んでいるので、カラマツがメイン。温度が上げやすく、着火が楽です。

 

逆転の発想、焚きつけは一番上

さて、薪が用意できたら次はストーブ内での薪の積み方です。

まず、炉床ですが、わたしは灰に溝をつくって空気の流れを付けるようにしています。

こうすることで薪をたくさん入れてもスムーズに空気が回り、火力が安定します。

↑指をさしているところが通気用の溝。ここから薪の下に空気が流れる。

そして薪を並べますが、一番下はなるべく大きく、長持ちしそうな薪を置きます。

こんな感じ。うちのストーブは45cmの薪までなら入るので薪づくりは助かります。短い薪しか入らないと、その分丸太を切る回数が増えますから。

一段目の薪の上には牛乳パックの切れ端と、前回の燃え残りの炭を置きます。最初の焚きつけは新聞紙よりも牛乳パックがおすすめ。新聞紙は軽いので燃やした時に灰が煙突に吸い込まれてしまいます。

燃え残りの炭は火が付きやすく、高温になるので焚きつけの着火に使えます。

焚きつけ牛乳パック

焚きつけ炭

そして牛乳パックと炭を挟むように二段目の薪をのせます。

薪二段目

いわゆる「井げた組み」という積み方ですね。キャンプファイヤーなどでこの組み方で高く積み上げたのを見たことがあると思います。

で、最後に焚きつけの上に細い木を積んでいきます。びっしり積むより、隙間を開けて空気が通りやすいようにするとよく燃えます。

焚きつけ積み方

細い木片も井げたに積んでみました。

これで薪の準備OK!

焚きつけを一番上に配置することで、最初から勢いのある完全燃焼ができ、煙の発生を抑えることができます。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

火をつける前にストーブと煙突を温める

さっそく着火!・・・ではありません。

特に寒い地域では、煙突が外に出ているため、冷えた空気が室内に流れ込んでいる、「空気の逆流」が起こっています。ストーブの扉を開けると室内よりも冷たい空気が出てきませんか?

この状態で火を点けると、最初に発生した煙(場合によっては炎まで!)室内に向かって逆流してきます。

ではどうするか?

ガストーチ

ガスバーナー登場。この圧倒的火力でストーブ内の空気と煙突の空気を温めてあげます。

ポイントは、炉の天井の中央と、排気口を温めてあげること。

これにより煙突内の空気が温まって、屋根の煙突の先端から排気が出ていくようになります。

空気の流れ

室内の煙突を触ってみて、ほのかに暖かくなったらちゃんと排気ができているサインです。

いよいよ着火しましょう。

着火

焚きつけの牛乳パックに火をつけます。この時だけ少し煙が出ますが、ちゃんと排気の流れができていれば室内に煙が入ってくることはありません。

牛乳パックに火が付いたら、扉を半閉じ状態にします。まだ完全に閉めてはいけません。扉の隙間から空気が流れ込み、火の勢いを強めてくれます。

半閉じドア

このくらいの隙間を開けておくと、

焚きつけ着火

こんな感じで炊きつけに火が回ります。あとはこの火を育てていきましょう。

コツは、「ほったらかし」。

下手に息を吹きかけたり、焚きつけの位置を動かしたりすると煙が発生したり、最悪火のついた焚き付けが崩れます。火は燃えやすい方へと自然に広がっていくので、のんびり眺めていてください。

煙突温度

煙突の温度もまだまだ低い。こんな時に薪をいじると煙が発生します。

そのまま外に出て煙突を見てみましょう。

着火時煙突

すこ~しだけ黒い煙が出てますね。わかりますか?ちなみに白いのは雲です。

このくらいのわずかな煙ならOKですね。煙の黒いのは、焚き付けの牛乳パックのコーティングの石油成分が燃えているからだと思われます。1分ほどで消えました。

 

「完全燃焼の火」を全体に広げる

さらに10分ほどそのままほっておくと、いよいよ火が太い薪にも広がってきます。

こんな感じで。

着火成功

排気温度もぐんぐん上昇

排気温度上昇

ここまでくればもう安心。温度計が適温になるのを待って扉を閉めるだけです。

ちなみに我が家のストーブの場合、安定燃焼の目安が排気温度で120度を超えたあたりです。ストーブによって多少適温が違うので、説明書を見てくださいね。

そして焚き付けの炭や細い木が焼け崩れてきたら、追加の薪を投入します。

通常運転

少し見にくいですが、3段目の薪が積まれています。

あとは時々様子を見ながら薪を追加するだけ。手順さえ守れば簡単です。

ちなみにこの状態の時の外の煙突は、

安定燃焼時煙突

煙ゼロ!ばっちりです。

どうでしょうか。こんな感じで着火することで、煙も少なく快適な薪ストーブライフを送れますよ。

ぜひ「焚き付けは上から」と覚えておいていただければと思います。

サーでした。したっけね~。

 

田舎暮らしカテゴリの最新記事