怒りを鎮める方法、アンガーマネジメントの考察(6秒で本当に鎮まるの?)

怒りを鎮める方法、アンガーマネジメントの考察(6秒で本当に鎮まるの?)

拳を握る

あなたは怒りを抑えきれなくなる瞬間、ありますか?

サーです。

今日は、怒りの感情を制御する「アンガーマネジメント」について書きたいと思います。

一言で「怒り」と言っても、実は複雑な感情が入り混じっています。なので、6秒我慢すれば収まる、とか別のことを考える、とか言われても実際には収まらなかった経験、ありますよね。

わたしは今まで、小学校教員や、小売業で接客をした経験から、けっこうイラっとする場面に出会うことが多かったと思います。

何度言っても言うことを聞かない子ども、理不尽なクレームをつけてくるお客さん。人と関わればトラブルも起きるのは当たり前ですね。

ただ、接客や教育の現場では、簡単にキレるわけにはいきません。そんな中でアンガーマネージメントを身につけてきました。今回は怒りの原因別に私なりの対処法を書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

Advertisement

関係ない人に対する瞬間的な怒りは6秒ルールで対処できる

「6秒ルール」聞いたことがありますか?

怒りのピークは6秒程度しか続かないので、その時間をやりすごせばトラブルにならずに済む、というものです。

街中を歩いていたらすれ違いざまに肩がぶつかった。車を運転していたら急に割り込まれた。

このような衝動的な怒りに対しては、最初の6秒間をやり過ごすことで、「まぁいいか。」となることが多いですね。

 

TwitterなどのSNSで、理不尽な反論や悪口を書き込んでくる、いわゆる「クソリプ」というものに対しても同じような対応でいいと思います。

但し、気を付けないといけないのは、SNSは文字で残ってしまうため、見るたびに嫌な気持ちになってしまうというところですね。

そういう時は、迷わず「ブロック」か「ミュート」を使って、自分の視界から消してしまいましょう。

 

普段の人間関係が原因の怒りは、コントロールが難しい

ところが、この6秒ルール、結構効かない場面が多いんです。

例えば、恋人や配偶者に言われた何気ない一言にイラっとすると、6秒どころか一日中イライラを引きずったりしませんか?

また、職場の上司などに嫌味などを言われた時も、とても6秒でスッキリ、なんてなりませんよね?

 

これは、今までの小さなストレスの積み重ねや、これからも付きあっていかなければならない、そういう関係に原因があります。

 

今の怒りは6秒で収まるかもしれない、でも、これからも付きあう上でまた嫌な思いをするかもしれない。

このような不安が、よりストレスと怒りを増幅して頭の中でグルグルと支配するので、6秒で収まらなくなってしまうのです。そりゃぁそうですね。

わたしもこのタイプの怒りのコントロールには苦労します。

 

対策法としてわたしは、普段から

「どんなに親しくても、しょせん他人は他人、自分を理解して寄り添ってくれるなどと期待しない。」

という考え方でいるようにしています。

濃い人間関係の中で現れる怒りのほとんどは、「いつも言ってるのになんでわからないの!」という、期待に対する裏切りで発生します。

なので、そもそも期待していなければ、怒りの感情もそれほど湧いてきません。

 

以前知人に、「そんな考え方で寂しくないの?」「なんか冷たい人だね。」と言われたことがあります。

もしかしたら、この文章を読んだあなたも感じたでしょうか?

 

でも、わたしは別に普段から、濃い人間関係を避けているわけではありません。結婚もしていますし、子どももいます。家族ぐるみのお付き合いをしている方もたくさんいます。

そんな中で、「あの人なら○○してくれるはず。」「あの人なら言わなくてもわかってくれるはず。」というような、「~なはず。」という勝手な期待を相手にしないようにしているということです。

 

ですから、逆に何か気遣いを見せてくれたり、気を利かせて私のために何かしてくれた時には、本当に感謝しますし、素直にお礼を言うことができます。

ちょっと大げさですが、期待していなかった分サプライズのような喜びを味わえる感じです。

こうして感謝の気持ちを素直に伝えることで、普段の人間関係も良くなっていくのでいいことづくめです。

 

スポンサーリンク

Advertisement

怒りで振り上げたこぶしを上手に降ろすために

いままで書いてきたような怒りのコントロールをしていても、時にはどうしても我慢できないような時はあります。

そんな時は、怒ってもいいと思います。ただし、キレないように気を付けてくださいね。

「あ、こいつキレた。」

と思われてしまうと、相手は話を聞かず、とりあえずその場をおさめようとします。これでは根本的な解決にならないですね。

 

しかし、普段あまり怒ることのない人が怒ると、だいたいは相手が話を聞いてくれます。どうして怒っているのか、ちゃんと伝えてあげてください。

 

社会など「対人」じゃないものに対する怒りはどうするか?

テレビに向かって怒っている人、結構いますよね(笑)

わたしもそういう時がありました。

自分がうまくいかないのは、社会の仕組みが悪いから。自分がうまく適合できていないのに、助けてくれないからだと思っていました。

時の政権が大嫌い、芸能人のもっともらしい意見が嘘っぽく聞こえる。この国が心配だ。

 

でも、ある時

「自分と違う考え方の人間がこんなにいて、それぞれが自由に生きている。素晴らしいことじゃないか。」

と思うようになりました。

 

きっかけは東日本大震災、ボランティアで被災間もない3月末に宮城県に行った時でした。

きっちりと統率をとって救助活動にあたる警察・消防・自衛隊。

それに対し、緩いつながりながらも、被災者のためにできることをしたい、というボランティア。

被災者が困っているのに規制線が張られていて入れない、救援物資を届けられないということもあり、イライラが募ることもありました。行政はダメだ。役立たず。そんな言葉がボランティアの中からも聞かれました。

 

しかし、ある時、規制線が解除され、現地の消防隊員の方から、

「ここでの捜索活動は終わりました。規制線を解除します。わたしたちは捜索のために全力を尽くしましたが、今後の復旧活動は残念ながらできません。あなた方ボランティアの方にこれからの活動を引き継げることができ感謝します。よろしくお願いします。」

という言葉をもらいました。

おそらく仕事とはいえ、ご遺体の捜索など壮絶な経験をしたうえで、この言葉を言える隊員の方の姿勢にとても感動をしました。

それと同時に、自分の正義(ボランティア活動)のことだけを考え、消防や警察の出す通行規制や行動規制にイライラを募らせていた自分が恥ずかしくなりました。

みんなそれぞれの立場で救助や復興のために集まっているのだ、目的(被災地の復興)は同じはずなのに自分は何とちっぽけな人間だろう。と。

 

それから、対象が人ではないものへの怒りや不満は、少し冷静に遠くから見てみるようになりました。

そうすると、ほとんどの社会への不満や怒りが、自分が怒るようなことではなく、また自分でどうこうできるようなことではないということに気づきました。

そう考えると、社会に対して怒ることで、自分自身や周りの友達・家族に不快な思いをさせることが、実にくだらなく、無駄であることに気づいたのです。

 

あぁ、じゃあやめよう。

それからは、いい意味で「常に心がフラットな状態」を維持することが楽にできるようになりました。

本当に生きやすい。

余計な苦しみは自分が生み出していたのだ。

モノを断捨離するように、余計な感情も断捨離する。

これが、対人ではないことへの怒りの感情の、わたしなりのコントロール方法になっています。

もちろん、すべて解決できているわけではないけれど。

あなたに今までとはちょっと違った視点のヒントが与えられてたら、うれしいなぁ。

サーでした。

わたしが参考にしてきたアンガーマネジメントの本たち

 

人間関係カテゴリの最新記事