新成人おめでとう!酒は呑んでも飲まれるな。楽しく安全に楽しもう。

新成人おめでとう!酒は呑んでも飲まれるな。楽しく安全に楽しもう。

カウンターバー

新成人のみなさん、おめでとうございます。

人生80年以上の現代、まだまだみなさんの未来はたっぷりあります。

存分に楽しんでくださいね。

そして、人生を楽しむ一つの選択肢、お酒がみなさんにも解禁されます。

このお酒、楽しく呑めれば最高なんですが、中にはこれで人生を棒に振ってしまった方もたくさんいるのでご注意。

なぜ成人しないと飲んではいけないのか?その辺についても考えていこうと思います。

成人になると、自己責任範囲が大きくなるから気をつけようね。というお話。

オッサンの戯言、聞いてください。

多少の失敗はいい経験、大いにしてください。でも、致命的な失敗はしちゃダメよ、絶対に。

スポンサーリンク

Advertisement

 

お酒の呑み方は周りの大人から学ぼう

あなたのご両親はお酒を飲みますか?

もし飲む方であれば、酔っぱらったらどうなりますか?すぐ寝ちゃう、おしゃべりになる、愚痴っぽくなる、短気になる・・・。

人は酔うとだいたい、理性的な判断が鈍るので、普段と違う言動になりがちです。

お酒に強い人、弱い人、色々いますが、日本人は遺伝的にお酒に弱い人が多いといわれています。あなたはどうでしょうか?

普段から、いろんな酔っぱらいを観察して、「自分はこんな酔っぱらいにはなりたくない。」と考えておくだけで、飲み方が変わるので、試してみてくださいね。

 

日本の夜の街は安全?

だいたいの人は、お酒で一度や二度失敗したことがあります。

もちろんわたしも。

夏の夜、お祭りで地元の友達と飲んだ帰り、あまりに気持ちよくて公園のベンチで寝てしまい、目が覚めたら着ていた服以外すべて無くなっていました。財布も携帯も。

あれは小人のしわざだな。多分。

財布には2万ほど入っていたかな?なんかうまいもんでも食えたかな?

自分はただの金髪のあんちゃんだったのでこんなもんで済んだのだと思います。

 

確かに、日本では夜でも比較的安全です。

でも、それは「殺されるほど危険ではない。」というレベルであることを覚えておいてください。

最近はそれもちょっとあやしいですが。

 

金銭的な被害で済むこともあれば、ケンカに遭ってしまったり、性的被害に遭ってしまう可能性も昼間と比べると格段に危険度が増します。

見知らぬ人だけが加害者になるとは限りません。自分が席を外していた間に飲み物に何か入れられた、スマホの情報を抜かれた。可能性はゼロではありません。

合コンの二次会などは、お互い打ち解けていい感じに盛り上がり楽しいですよね。でも、そこを狙う悪い奴もいるんですよ。

 

そして、軽はずみな行動によって取り返しのつかない失敗をしてしまう。少なからず起こるんです。

もし失敗が犯罪だったら、、、そこで人生はジ・エンド。

あまり詳しくは書きませんが、合意の上だったはずが、相手は強要された!と訴えられたら?

どうやって証明する?というか、潔白だったとしても問題を家族に知られることに耐えられる?

場合によっては氏名がメディアに公表されるかもしれません。成人とはそういうことでもあるのです。

 

自分のお酒の限界を知るには

最初はお酒の飲み方も、自分の限界もわからないですよね?

なので、まずはいわゆる「宅呑み」、自宅で飲むのをおすすめします。

お友達と一緒に飲む、実家に住んでいる方は、家族で飲むのもいいですね。

家族と一緒に限界まで飲む!というのはあまり考えられませんが(笑)、だいたいこの辺までは大丈夫だな、というのは分かると思います。

何より、悪酔いしてしまった時に安心して介抱を任せられる環境で飲むというのが、最初は重要かもしれませんね。

スポンサーリンク

Advertisement

 

お酒が苦手なら飲まなくても人生困らない

実は、わたしは飲み会でお酒を飲むのをやめました。

家でちょっと晩酌くらいはする時もありますが、月に数回といった感じです。

理由は簡単、オッサンは眠くなっちゃうんですよね。

せっかく楽しく盛り上がりたいのに、眠くなるともったいないじゃないですか。少しでも長く楽しい時間を過ごしたい、ので飲むのをやめました。

でも、飲み会は楽しめますよ。

最近の20代、30代の方々は、お酒を強要するような人は減ってますか?大学のサークルや職場の飲み会では先輩に飲まされます?

私の感覚では、40代~60代は「俺の注ぐ酒が飲めないのか!」という方がいるように感じますがどうでしょう?この年代の大学の飲み会などはひどかったですからね。自分も経験者です。

最近は自分も、もういい歳のオッサンなので、強要されることも無くなりました。

フリーランスのおかげもあってか、酒癖の悪い人とは仕事をしなくてもなにも困りませんし。

まじめな話、一度でも酒の席で無礼なふるまいをした人とは、仕事をしないようにしています。どんなに普段はいい人でも。仕事ができる人でも。

だって、同じくらい普段から誠実で仕事ができて、さらに上手にお酒が飲める人、ゴロゴロいますから。わざわざ酒癖の悪い人と付き合うメリットは?逆にこちらが聞きたいくらいです。

 

そんな感じで、「酒は呑んでも飲まれるな。」

さーでした。

合わせて読みたい

楽しく生きるカテゴリの最新記事