釣りの魅力は魚の大きさにあらず。

釣りの魅力は魚の大きさにあらず。

わかさぎ

どーも。

北海道は現在ワカサギ釣りのシーズン。

体長15cmくらいの小さな魚に、たくさんの釣り人たちが夢中になっています。

もちろん私も。

でもワカサギは、天ぷらにしたら一口で終わってしまう小さな魚。

それに比べて、北海道は鮭釣りもできる場所。こちらは逆に60cmを超える魚体で、竿が折れることもあるくらいのパワーファイト。

ではサケ釣りファンはワカサギ釣りをしないかと言うとさにあらず。両方好きな方が多い。

何故でしょうか?

この辺に釣りの魅力の秘密が隠されていそうです。

スポンサーリンク

Advertisement

正直に言おう。釣りは釣れるまでが楽しい。

上に書いた通り、魚釣りは実は釣れるまでが楽しいんですよね。

もちろん料理して食べたらおいしいですよ。

そして釣られた魚の為にも、ちゃんと食べることは大事です。

でもね、釣りの魅力はやはりそこではないような気がします。

例えば、その日は調子が良く魚がたくさん釣れたとします。でも、あまりに釣れすぎると、「この魚、どうやって料理しよう・・・。大変そうだな。」となるのです。

でも、やめられない。

これはやっぱり、釣れるという課程が楽しいからですね。

 

釣りの魅力は魚の大きさではない。

そして、意外に思われるかもしれませんが、魚の大きさに関するこだわりは、あまりありません。

60cm、4kgもあるサケ釣りも、15cm、100gにも満たないワカサギ釣りも、それぞれがめちゃくちゃ楽しいのです。

 

サケ釣りは、サケが針にかかったときの「ドンドン!」という豪快なサインと、その後「ジャー!!!」と音を立てて糸を引っ張っていくパワーこそが魅力でしょう。

無理やり引っ張ろうとすると、糸が切れてしまったり、竿が折れてしまったりします。鮭が弱るまで耐え、疲れてきたところで糸を少しずつ巻き取り、網ですくいあげます。完全に体育会系の釣り。

 

一方、ワカサギ釣りは、「チョンチョン」というわずかな魚のサインを見逃さずに、素早く「クンッ!」と糸を軽く引っ張って口に針をひっかける。サインを見逃すと、ワカサギの方が針に気づいて逃げてしまいます。

この繊細なやり取りは、どちらかと言うと禅問答のような感じです。

 

どちらにも共通するのは、釣られまいと必死な魚と、何とか釣り上げようとする釣り人の戦いであるということ。ここにこそ魅力があると言えますね。

 

ただし、先ほど大きさは関係ない。と言いましたが、それは魚の種類が違う場合の話。

ワカサギ釣りなら、より大きいワカサギを釣ろうと思いますし、鮭なら、釣り人同士、お互いの釣り上げた鮭の大きさを自慢します。面白いですね。

でも、不思議と「ワカサギなんて小っちゃい魚なんか釣ってられない。自分は鮭しか釣らない。」というような釣り人は少ないのです。

 

さぁ、みんなも釣りに行こう

だから、釣りを始めるのにあたって、魚の大きさはそれほど気にすることは無いでしょう。

それよりは、釣りやすい、たくさん釣れる魚を狙った方が、楽しいし、趣味として長く続けられると思います。

最初はね。

釣りにどっぷりハマると、釣れない日すら楽しくなってくるという、M気質にみなさんなるのは不思議です(笑)。何なんでしょうか?

 

最後に、釣りを始めるときに、わりと釣りやすく楽しい魚をご紹介します。

・ワカサギ釣り

・ハゼ釣り

・小アジ、小サバ釣り

・カレイ釣り

・アイナメ釣り

このくらいでしょうか?

ここに上げたのはどれも小ぶりな魚たちですが、群れでいたり、いつも同じ場所にいたり、警戒心が薄いなど、初心者向けですね。

それから、釣り堀も最初はおすすめです。釣り堀の魚は、人間はエサをくれるものだと知っているので、とても簡単に釣れます。慣れてくるとそれが面白くないのですが、最初は「釣れる」ということの方が大事ですから。

ぜひ皆さんも釣りを楽しんでみてくださいね。

サーでした。

 

田舎暮らしカテゴリの最新記事