北海道

1/4ページ

冬の北海道旅行は飛行機、JRの遅延に注意!困ったときの対処法も

北海道はこれから冬の行事やアクティビティーがてんこ盛り。 楽しいことがいっぱいですが、ちょっとまって! 実は、北海道の冬は公共交通機関の乱れがハンパないことをご存知でしょうか? 吹雪いてしまえば飛行機は2日間足止めなどもあり得ます。 旅行の日程には余裕を持たせましょう。 また、もし交通機関の乱れに巻き込まれてしまったらどうするか?実際に北海道に住んでいる私の対処法をお伝えしたいと思います。 スポン […]

信用は貯金と一緒。貯めるといいことあるよ。

その日は突然やってきた。 一本の電話。親戚の漁師さん。 「軽トラ入れ替えするんだけど、いる?」 「はい!いります!」 「わかったー。書類用意しとく。」 「ありがとうございます、で、おいくら・・・。」 「あげる。手続きはどうする?こっちで頼むかい?15,000円だってよ。」 「あ、手続きは自分でやらせていただきますはい、ありがとうございます・・・。」 と、うれしさと混乱で言葉遣いがおかしなことになり […]

スポンサーリンク

移住情報、冬の北海道を楽しもう。というか楽しまなきゃ無理。

今は2018年11月、これから長い長い冬がやってきます。 私はとっても楽しみ。スノーボードをしたり、ワカサギ釣りをしたり、雪まつりを楽しんだり。 冬の北海道はアウトドアの遊びがいっぱい。 ども、サーです。 今日は移住について、冬を楽しめないと北海道移住は無理だよ。というお話。   あわせて読みたい移住の話 北海道へ移住希望の方へ。冬の生活費を計算してみました。 森に棲む 田舎暮らしをはじ […]

北海道へ移住希望の方へ。冬の生活費を計算してみました。

北海道の移住は冬の生活コストを考えてから。 どうも、サーです。 これから北海道は、何かとコストのかかる季節「冬」に向かっていきます。 北海道の冬の厳しさは、あなたもご存知かと思いますが、実は財布にも厳しい。 この記事では、どのくらいお財布に厳しいのかを実際に計算してみました。 一冬にかかるコスト計算です。 スポンサーリンク モデル事例は一軒家の借家。実際に住んでいました 今回のモデルは、以前実際に […]

北海道の田舎暮らしで失敗するには?移住失敗の手順

北海道に移住したいと考える人は多いです。 だが実際に移住する人はそれほど多くない。でも、中にはせっかく移住したのに移住生活を楽しむことができず、むしろ消耗して帰ってしまうかたも少なからずいます。 どうも。サーです。 今回は、こうやれば移住は失敗できる!という逆説的な文章構成で移住の話をしたいと思います。ある人が移住してから失敗してその地を離れるまでを日記にしたお話。   なぜこんな記事に […]

北海道の新しい旅行形態「なーんにもしない北海道」のすすめ

サーです。 今回は久々の北海道旅行ネタ。 あなたは旅行の時に予定を詰め込みすぎていませんか? わたしは、「な~んにも予定を入れない。」日を作るだけで、とっても豊かな旅行になる「な~んにもしない北海道」旅行をおすすめします。 スポンサーリンク   まずは一日だけやってみよう 旅行先で何にもしない。これって意外と難しい。 出張や一人旅ならまだいいかもしれないけど、家族旅行となると、一緒にいく […]

移住は開拓者になるな。先人に任せれば失敗しない。

サーです。 今回は移住について。 移住には2パターンあって、一つは短期間で場所を転々とするノマド的移住。もう一つはじっくりと腰を据えて定住する完全移住。 このうち、完全移住についての話。 移住先選びはすでに移住者のいる地域にしましょうという話です。 スポンサーリンク   田舎コミュニティーにとって、あなたは異物、よそ者でしかない。 まず、これだけは覚えておいてください。 「長く続くコミュ […]

北海道移住、田舎暮らしはリタイヤ後だときついかも

どうも、サーです。 今回は久しぶりの移住ネタ。 定年後、北海道でのんびり田舎暮らしを考えている方は、ちょっと待った! 自然環境が厳しいだけに万人向けではないですよ。北海道は。という話。 もし最後まで読んでも住みたい!という人には天国。 つまりそういうところです。 食べ物はとにかくうまい!カロリーとかコレステロール気にしなければ はい、移住希望の理由の一つによく上がるのが、「食べ物がおいしい」です。 […]

北海道胆振東部地震、ボランティア受付開始!いろんな形で助け合おう

こんにちは。サーです。 先日、ボランティア希望の方へ、北海道はまだです。今は西日本豪雨災害の復興へ! という記事を書きました。 この時はまだ、被災地側の受け入れ態勢ができていなかったので、そのことを伝えたくて書きましたが、いよいよ受け入れ態勢ができましたのでお知らせしようと思います。 現在募集中①厚真町 全国社会福祉協議会のボランティア情報サイトによると、9月14日現在の災害ボランティアセンターの […]

地震・豪雨災害時ストレス、静かな子どもにこそ注意を

こんにちは。サーです。 今日は、災害時の子どものケアのお話です。 いろんなケアの仕方はありますが、基本は「スキンシップ」と「ふれあい」だということを忘れないでください。 この記事は「日本児童青年精神医学会」の発表している「災害化における子どもの子どものこころのケアの手引きとリーフレット」をもとに、より分かりやすく書いています。 日本児童青年精神医学会のホームページはこちら また、小中高校の教員免許 […]

1 4